7月23日、声優ユニットWake Up, Girls!の4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」がスタートし、その初回である大阪公演にてテレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』が、テレビ東京ほかにて10月より放送することが発表された。

アニメ『Wake Up, Girls!』は、仙台で暮らす7人の少女たちがアイドルグループを結成し、切磋琢磨しながらトップアイドルを目指していく作品だ。
2014年に劇場作品「七人のアイドル」およびTVアニメシリーズとして生まれると、2015年には前・後篇となる「青春の影」・「Beyond the Bottom」が劇場公開。『Wake Up, Girls! 新章』はそれに続く最新作となる。

ライブでは新章を彩るオープニングテーマ「7 Senses(セブンセンシズ)」と、エンディングテーマ「雫の冠」がアニメの放送に先駆けて初披露。
「7 Senses」は作編曲を田中秀和、「雫の冠」の作編曲は岡部啓一と、どちらもWake Up, Girls!に楽曲を提供してきたクリエイター集団「MONACA」が制作に参加。さらに作詞は、こちらもWake Up, Girls!とは馴染み深い只野菜摘が担当している。
これらの楽曲は11月29日に発売されることが発表され、CDジャケットも公開。ライブで初披露となった青を基調とした衣装のメンバーが描かれている。

またまた、WEBコミック「コミッククリア」では「Wake Up, Girls! エターナル・センシズ」の新連載も決定。
本作では、『Wake Up, Girls! 新章』へと続くコミックオリジナルストーリーが展開。アニメと合わせて楽しむことで、作品の魅力がより深まるだろう。

今回の公演では、初披露となった白のワンピース衣装と共に「タチアガレ!」などWake Up, Girls!の代表曲が披露。
さらに「恋?で愛?で暴君です!」「One In A Billion」といったアニメタイアップ曲も惜しげもなく飛び出し、会場の熱気を高めた。
ライブツアーは9月まで続くほか、来週7月30日には『Wake Up, Girls! 新章』の新キャラクター発表会も控えている。今後も様々な場面で盛り上げてくれるだろう。

Wake Up, Girls! 新章
テレビ東京、仙台放送、AT-Xにて2017年10月放送決定

STAFF
原作・脚本:Green Leaves
監督:板垣伸
キャラクター原案:近岡直
キャラクターデザイン:菅原美幸
音楽:神前暁 MONACA
音楽制作:DIVE II entertainment
アニメーション制作:ミルパンセ

CAST
島田真夢:吉岡茉祐
林田藍里:永野愛理
片山実波:田中美海
七瀬佳乃:青山吉能
久海菜々美:山下七海
菊間夏夜:奥野香耶
岡本未夕:高木美佑
(C) Green Leaves / Wake Up, Girls!3製作委員会