現在「月刊LaLa」にて連載中の時計野はりが手がけるコミック『学園ベビーシッターズ』がテレビアニメ化、2018年に放送されることが明らかになった。あわせて西山宏太朗らメインキャストも発表された。

本作は両親を亡くした主人公・鹿島竜一と虎太郎兄弟を取り巻く「森ノ宮学園 保育ルーム」の子供たち描いた作品。
竜一と虎太郎の2人は両親を飛行機事故で亡くしたことをきっかけに、「森ノ宮学園」の理事長に引き取られる。しかし、そこで理事長から交換条件として「学園の保育室でベビーシッターをすること」を命じられてしまうのだ。
ごく普通の日常の中に潜む面白さと感動を、ドラマチックに描いていることで支持を集めている。単行本はこれまでに 14 巻まで発売され、累計発行部数は200万部を突破した人気作品だ。

今回は主人公・鹿島兄弟と、その親友である狼谷隼&鷹兄弟のキャストが決定。竜一役は『美男高校地球防衛部LOVE!』『キズナイーバー』などで巧みな演技を見せる西山宏太朗。
その弟、虎太郎役は現在放送中の『プリンセス・プリンシパル』でも活躍する古木のぞみが担当する。

狼谷隼は竜一のクラスメイトで、無愛想ながら家族や友人を大切にする一面もあるキャラクター。声優は『カブキブ!』『アイドルマスター SideM』など数多くの作品でメインキャラクターを務める梅原裕一郎だ。
その弟である鷹を演じるのは三瓶由布子。『交響詩篇エウレカセブン』レントン役、『Yes!プリキュア5』夢原のぞみ役などで知られる人気声優である。

テレビアニメ化の発表に合わせて、7月24日20時からアニメ公式Twitter、および公式サイトも開設する予定だ。
放送は2018年とまだ先の話であるが、ここから新情報が続々発信されていくだろう。引き続き続報を待ちたい。

(C)時計野はり・白泉社/「学園ベビーシッターズ」製作委員会