スティーブン・スピルバーグ監督による待望の最新作『レディ・プレイヤー・ワン(原題)』が、日本では2018年に公開されることが明らかになった。あわせてお披露目となった初映像には、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンや『AKIRA』の“金田バイク”といった気になるモチーフが登場している。

『レディ・プレイヤー・ワン(原題)』は、アーネスト・クラインによるベストセラー小説『ゲームウォーズ』を映画化した作品である。貧困の差が激しい西暦2045年、人類の歴史を変えた仮想ネットワークシステム「オアシス」に詳しいオタク高校生ウェイドが、その仮想世界に隠された秘密を解き明かすべく奮闘する物語だ。
『E.T.』をはじめ『ジュラシック・パーク』、『A.I.』、『マイノリティ・リポート』といった数々のSF映画の金字塔を打ち立て続けてきたスピルバーグ監督が、『ハリー・ポッター』シリーズのワーナー・ブラザースと『A.I.』以来16年ぶりにタッグを組むSFアドベンチャーとなる。


このたびお披露目となった特別映像は約2分半。タイ・シェリダン演じる主人公のウェイドがバーチャルリアリティの世界へ飛び込み、目を見張るほど美しく刺激的なVRの世界が次々と展開されていく。なかでも目を見張るのは、“あの”マシンや“あの”キャラクターから影響を受けたと思われる衝撃のシーンの数々だろう。『バック・トゥ・ザ・フューチャ ー』のデロリアンのほか、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン、『アイアン・ジャイアント』のアイアン・ジャイアント、『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガーといった著名なモチーフが多数登場しており、『AKIRA』の“金田バイク”には「キティーちゃん」と「SEGA」のステッカーも確認することができる。

スピルバーグ監督は作品について「バーチャルの世界は素晴らしかったです。原作を読んだとき、今まで一番素晴らしいフラッシュフォワードとフラッシュバックが同時に起きていたのです。(ここで見せる映像は)短いですが誇りをもって見せられる、この先発表される作品のテーストが感じられる映像があります」とのコメントを発表した。ストーリーやキャラクターはまだ謎に包まれているが、今後の情報にますます注目が集まっていきそうだ。

『レディ・プレイヤー・ワン(原題)』
2018年 全国ロードショー
配給: ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED