7月8日、アニメ『アリスと蔵六』の振り返り上映会が開催された。会場の新宿バルト9には、樫村紗名役の大和田仁美、樫村蔵六役の大塚明夫、J.C.STAFFの松倉友二プロデューサーが登壇した。

紗名役のオーディションについて聞かれた大和田は「テスト無しの一発勝負だったので全力で挑みましたが、手応えも感じられず呆然としながら帰った記憶があります。だから、決まった時は本当に嬉しかったです」と当時の心境を振り返った。松倉は「芝居ができすぎてもダメなので、最初は声優ではなく子役も想定していました。オーディションの半分くらいは子役だったと思います」と起用の舞台裏を明かす。「でも結局、キャスティング会議で大和田さんに満場一致で決まりました」と続け、大和田からにじみ出る「孫感」を絶賛した。
一方の大塚はオーディションではなく指名で出演が決まった。「話を頂いた時に、タイトルやどんな役かも分からないまま、音響制作会社の名前と1クールのTVアニメという情報だけで、いいよと二つ返事で受けました(笑)」という大塚の発言に会場から笑いと驚きの声が漏れた。松倉は「実は最初、大塚さんの蔵六役には抵抗しました。大塚さんと言えば格好良い役のイメージがあったので、普通のお爺ちゃん役を頼んでいいのかと。第1話を収録するまでは少し不安でした(笑)」と打ち明ける。だが芝居を見て「厳しさと優しさの混ぜ具合が絶妙で、すごくしっくりきました」と杞憂だったと語った。

また第6話に登場した紗名のオリジナルソングは台本に書かれている言葉と尺しか決まっていなかったそうだ。大和田は「尺に合わせて自分でメロディをつけるのにすごく苦労しました」とアフレコ時のエピソードを披露した。
印象的な場面については、松倉が「大塚芳忠さんが演じる内藤竜の“子供が元気だったらそれはいい世界だよ”っていうセリフを言えるアニメって今はなかなか作らせてもらえない。こういうことを言える大人ってすごく格好良いなと思えるシーンでした」と熱く語る。さらに「あそこに行くためにずっと作ってきたという想いがあります」と心境を吐露し、「子供が困っている時に大人が駆けつけるアニメ」というテーマが結実している場面だと伝えた。

アニメ『アリスと蔵六』振り返りトーク&上映会
日時:7月8日19:00〜
場所:新宿バルト9
出演:大和田仁美、大塚明夫、松倉友二

(C) 今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会