1945年にフィンランドの作家、トーベ・ヤンソンによって発表されて以来、絵本、コミックス、アニメーションとして、世界中の人びとから愛されているムーミンの物語。その映画最新作となるパペットアニメ『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』が2017年12月2日に公開されることが発表された。ムーミンは11月から春にかけて冬眠してしまうはずだが、果たして今回どのように冬を過ごすのか、興味深い展開となっている。

ムーミンは絵本やアニメーション、グッズでも親しまれ、日本における海外キャラクターでも人気はトップクラス。20代女性の99%が認知しているというデータもある。愛くるしいムーミンとその仲間たち、それぞれに個性的なキャラクターたちが織りなす深みのあるストーリーは、小さな子どもから大人まで幅広い年代が楽しめる作品として、生誕から70年以上経つ今でも不動の人気を誇っている。

本作『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は、2009年『ムーミン谷の夏まつり』、2010年『ムーミン谷の彗星』に続く、パペットアニメ―ションシリーズの最新作。原作者であるトーベ・ヤンソン自ら監修し、「大好きな作品」と語っていた1978年から82年にポーランドで製作された短編テレビシリーズを、フィンランドにてデジタル・リマスター化、劇場版長編映画として完成させたシリーズだ。
ムーミントロールは、友だちのスナフキンと共にムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけるという展開。まもなくやってくるという「クリスマス」の存在を知る彼は興味津々。やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜。幻想的なムームン谷が銀世界となる本作のビジュアルはより美しいものとなりそうだ。

クリスマスシーズンに公開されるに相応しい本作。果たしてムーミンたちはクリスマスの本当の意味をどうやって知るのか、その心温まる内容に期待が募る。

『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』
2017年12月2日公開

(C) Filmkompaniet / Animoon
(C) Moomin Characters TM