福士蒼汰を主演に迎えた実写映画『曇天に笑う』より、公開日が2018年3月21日に変更されることが発表となった。また劇中の初映像として、特報と劇場幕間映像の2種類が披露されている。

『曇天に笑う』の原作は、マッグガーデン「月刊コミックアヴァルス」に連載されていた唐々煙による同名マンガ。明治初頭の滋賀県大津を舞台に、国の平和を守ることを生業とする「曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)」を中心とした、強く美しく戦う男たちの運命が描かれていく。10代・20代の女性を中心とするファンから熱狂的な支持を集めており、2014年のTVアニメ化、2015年からの舞台化に続く満を持しての実写映画となる。

主演の福士が演じるのは、豪快で明るく強いカリスマ的な長男・曇天火(くもうてんか)である。時代劇映画で初主演を務める福士は、体当たりでのアクションシーンにも挑戦していく。また曇兄弟では次男・空丸役を中山優馬、三男・宙太郎役を若山耀人がそれぞれ担当。そしてこの3兄弟を軸に、古川雄輝をはじめ桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹ら人気急上昇中のイケメンキャスト陣が共演を果たす。





このたび公開されたのは、特報と劇場幕間映像の2種類だ。この国の平和と弟たちを守るために戦う主人公・曇天火の華麗なアクションシーンは、今回の映像が初のお披露目となった。
映像ではさらに次男・空丸と三男・宙太郎という天火の弟たち、そして国に災いをもたらす「大蛇(オロチ)」の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊「犲(やまいぬ)」の隊員らがド派手に戦う姿も確認することができる。運命に挑む男たちがド派手に戦いド派手に笑う、アクション・エンターテインメント大作に期待が膨らんでいく。

『曇天に笑う』
2018 年3月21日(水・祝)全国公開
(C)映画『曇天に笑う』製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン