「Fate」シリーズのTVアニメ最新作『Fate/Apocrypha』のBlu-ray化が決定した。12月27日にBD BOX 第1巻がリリースされる。原作小説を手がけた東出祐一郎の書き下ろし小説をはじめ、多彩な特典が付属する。

『Fate/Apocrypha』BD BOX 第1巻は本編BD5枚に第1話から第12話までを収録。横山克の劇伴を収録したオリジナルサウンドトラックCDも含めた全6枚組となっている。
完全生産限定版特典の目玉は書き下ろし小説だ。TVアニメにもシリーズ構成として参加している東出祐一郎が新たな物語を紡ぐ。小説の内容はまだ不明だが、多彩な登場人物の中からどのキャラクターが登場するのだろうか。
BD BOXは原作イラストの近衛乙嗣による描き下ろしで、特製ブックレットにはスタッフインタビューや設定素材などの資料を掲載する。特典映像にはトレーラーとTVスポット集、ノンクレジットのオープニングとエンディング映像を収録。作品の世界観を堪能できるパッケージとなった。BD BOX 第1巻は12月27日リリース。価格は33000円(税抜)だ。

本作は「Fate」シリーズの第1作『Fate/stay night』をモチーフに、赤と黒の陣営に分かれ戦う「聖杯大戦」を描いた小説が原作だ。TVアニメは連続2クール・全25話でのオンエアが決定している。
キャストは主人公・ジーク役に花江夏樹、ヒロイン・ルーラー役に坂本真綾と人気声優陣を起用した。監督は『Charlotte』の浅井義之、アニメーション制作はゲーム『Fate/Grand Order』のOPアニメなどを手がけたA-1 Picturesが行う。

『Fate/Apocrypha』Blu-ray BOX I
発売:2017年12月27日
価格:33000円(税抜)

(c)東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC