7月29日(土)・30日(日)、幕張メッセにて「Fate/Grand Order Fes.2017 〜2nd Anniversary〜」が開催。第一日目のGrand STAGEでは「公開まであと77日! 劇場版『Fate/Stay night[Heaven’s Feel]』スペシャルステージ」が行われた。

イベントがスタートすると、舞台上には衛宮士郎役・杉山紀彰、間桐桜役・下屋則子、セイバー役・川澄綾子、言峰綺礼役・中田譲治がそれぞれのキャラクターの印象的なセリフを添えて登場。キャスト陣が発する一言に、会場からは歓声と惜しみない拍手を送った。

すでにアフレコが終了しているという劇場版『Fate/Stay night[Heaven’s Feel]』。最初のコーナーではキャスト陣が楽しみにしている、期待しているシーンを発表するついて語る「ヘブンズトーク」が行われることに。
中田はこれまでのシリーズで不憫な境遇のランサーの戦闘シーン、川澄は桜と士郎が料理をするシーン、下屋は「もし私が悪い人になったら許せませんか?」と桜が士郎に問いかける土蔵のシーン、杉山は士郎と言峰がやり取りするシーンを挙げた。
さらに本イベント限定で未発表カットを含む限定予告映像が公開され、迫力ある映像に観客もキャスト陣も大満足の様子だった。

続いて作品のキービジュアル・コンセプトアートをキャスト陣が、事前に描いた絵を発表する「ヘブンズミュージアム」のコーナーに。
杉山が描いたのは、木の前に佇む桜の絵。そこには桜の設定に合わせて“虫”も描かれており、キャスト陣から「作品の要素を存分に盛り込んでいる」と評価の声が上がった。
続いて、下屋はおたまを持った士郎としゃもじを持った桜が背中合わせになっている絵、川澄は本作で士郎・桜と深い関わりをもつ“間桐慎二”一人を描いた絵。
最後の中田は、言峰綺礼が士郎に激辛マーボーを振る舞う姿を描く。作品の壁を超えたネタに会場は大盛り上がりだった。さらに本家であるキャラクター原案・武内崇による第3弾キービジュアルが発表に。本作のヒロイン間桐桜を演じる下屋も満足気な様子だった。

最後に下屋がパーソナリティを務めるインターネットラジオがスタートすること、劇場版『Fate/Stay night[Heaven’s Feel]』となか卯とのコラボ、第3弾キービジュアルを使用した前売り券が9月より発売となることが新たに発表され、イベントは終了となった。Fate/Stay night映像化のラストを飾る本作。3部作の第一作目にあたる本作は10月14日(土)に劇場公開となる予定だ。

劇場版『Fate/Stay night[Heaven’s Feel]』
10月14日(土)より劇場公開

(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC