今年で20周年を迎えたアニメ『ポケットモンスター』。7月15日より全国公開中の『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』はポケモン20周年記念作品として製作され、サトシとピカチュウの出会いにフォーカスを当てる。最初期のアニメシリーズの要素に加えて、各世代のポケモン、未知のポケモン・マーシャドーも登場し、新旧のポケモンファンに広く向けたオリジナルストーリーに仕上がった。

新しいゲームの登場に合わせて、アニメもタイトルが変遷していくポケモン。シリーズを通して登場し続けるキャラクターは限られる。その一人が、主人公の少年であるマサラタウンのサトシだ。
サトシを演じる松本梨香は、ポケモンの数々のオープニングテーマも歌ってきた。誰よりもアニメのポケモンに深く関わってきた松本は、この20年にどんな思いを抱いているのか。これまで、そしてこれからのポケモンとサトシについてお話をうかがった。
[取材・構成=奥村ひとみ]

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」
2017年7月15日(土)ロードショー.
www.pokemon-movie.jp/


■20年歌い続けた「めざせポケモンマスター」

――今年の映画のタイトルと内容を知った時は、どのように感じられましたか?

松本梨香さん(以下、松本)
20作目という節目だからこそのストーリーになっていて、初めて見る人にも楽しめる作品です。ポケモンは、みんなと寄り添って20年を過ごしてきました。
さみしくなったり、くじけそうになったりしたときに、いつでもどんな時でも
みんなが帰ってこられる場所の様な…。
今回の「キミにきめた!」という映画はまさにそういう映画だと思います。

――サトシとピカチュウの出会いを振り返って思うところはありましたか?

松本
20年経った今、もう一度出会いのシーンを演じられた事、感謝の気持ちが大きいです
オープニングテーマが「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」になっていますが、これも全然、「よし! じゃあ最初の気持ちに戻って歌うぞ!」という感じではありませんでした。出来たのは20年前だけど、私の中では変わらずに歌い続けた歌だから、自然な気持ちでした。


――その「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」レコーディングのご感想や、収録を終えての感触としてはいかがでしたか?

松本
歌の奥の深さがもっと自分に染みた気がしました。「あこがれのポケモンマスターにゼッタイなってやるーッ!」と言いながら皆の背中を押す応援歌のような気持ちで常に歌ってきましたが、今回のレコーディングでは改めて、自分自身に向けた応援歌でもあるんだなと思えたんです。心からの叫びで、「なってやる」と噛み締めるように歌いました。「なってやるんだ!」という気持ちは前よりも強くなり、自分のヒューマンな部分というか、熱い思いがさらに出てきましたね。
思えば最初の「めざせポケモンマスター」はオンエアまで時間がなく、歌もギリギリに決まって、一週間後にはレコーディングというバタバタなスケジュールでした。もちろんその時も歌詞をきちんと理解して歌いましたが、表現することでいっぱいいっぱいだった様に思います。

――20年間、松本さんが歌い続けた重みを感じます。

松本
本当に大げさではなく、全国、色々な国々で歌わせていただきました。振り返ると、すごいことですよね。一生懸命繋いだなぁと思います。一度アニメの放送が中断してしまった時も、いろいろな場所へ行き「めざせポケモンマスター」を歌いました。中断は私もすごくショックでしたが、皆が大好きなポケモンは絶対にまた始まるから、それまで忘れないように一緒に歌おうと全国を回りました。子供たちも皆、一緒に歌ってくれます。ポケモンでたくさんの歌を歌ってきましたが、大変な時に踏ん張れた「めざせポケモンマスター」はやっぱり私の中でも特別で、一番思い入れのある曲です。この歌はずっと歌い続けて、懐メロにはしたくないなと強く思っています。


■ポケモンからもらった思い出

――サトシというキャラクターとも20年の付き合いですよね。長きに渡ってサトシを演じるうえで、一番の軸となっているものは何ですか?

松本
昔からずっと、サトシは子どもたちに寄り添える男の子でありたいと考えてきました。見た子どもたちがサトシを友だちだと思ってくれて、寂しかったりつらかったりする時に支えられるキャラクターでありたいんです。友だちでなくても、弟やお兄ちゃんや息子でもいい。皆の心に寄り添うサトシになれればと思って演じています。
一人ぼっちにさせないよ的な…。

――サトシを演じていて、驚いたり気づかされたりすることはありますか?

松本
サトシは時々、大人びたことを言うんです。『ポケットモンスター XY&Z』(2015-2016年)のゲッコウガとの別れのエピソードで、サトシは相手のことをものすごく理解し、泣きたいのを我慢して送り出してあげました。ああいう時のサトシは「ああ……」と感慨深く見てしまいますし、自分自身と重ねて考えてしまいます。


――今回の映画でも、ポケモンとの出会いと別れが描かれています。松本さんは、サトシとポケモンの関係性をどのようなものだと捉えていますか?

松本
無償の愛ですよね。サトシがピカチュウに「君は俺が嫌い?」「俺は君が好きだよ」と語りかけるシーンは、親子の雰囲気でやりたいなと思っていました。前は、飼っていた犬をよくピカチュウにたとえて練習をしていました。呼んでもいないのに鼻をクンクンいわせて寄ってきては、「大丈夫?」という顔をしたりするところがなんだかピカチュウっぽくて。ちょうど体重も同じくらいで(笑)。今回アニメの第1話を見返しましたが、20年前の私はまだ若くて、ただまっすぐに愛を伝えていた気がしました。今年の映画では、その奥にある深い部分が表現できたと感じています。

――サトシの熱い気持ち、ひいては松本さんのポケモンへの愛情を強く感じられるシーンでした。

松本
ありがとうございます。私自身も、ポケモンからたくさんの素敵な思い出や経験をもらってきました。今回の映画にバタフリーが出てきますが、最初のテレビシリーズの第21話「バイバイバタフリー」は私にとってもすごく思い出深いエピソードなんです。たまたま仕事が早く終わって、母親と一緒にオンエアを見たのが「バイバイバタフリー」の回でした。見ていて思わず涙が出そうになって、「サトシ、上手いでしょ!」とジョークまじりにごまかそうとしたら、横で母が号泣していたんです。そんな出来事もあって、「好きなエピソードは?」と聞かれた時はいつも「バイバイバタフリー」を挙げています。ポケモンに携われたから生まれた思い出ですね。

――ポケモンに携わったこの20年で、松本さんご自身が一番変化したことは何ですか?

松本
責任感が強くなりました。自分が放つメッセージは、たとえ松本梨香として言葉を発する時でも、サトシを好きな人たちを裏切ってはいけないなと考えるようになりました。一年契約で始まったアニメがこうして20年も積み重なり、もちろん感謝の気持ちでいっぱいですが、時には大きな十字架を背負っているような心地になることもあります。それでも、皆に勇気や元気、笑顔になってもらえる様な表現者でいたいから、これからも日々精進だと思います。


――最後に、これからもサトシであり続ける松本さんの今後の目標を教えてください。

松本
節目の年ということで、ふんどしを締め直すような感覚です。このまま元気をキープするために体力をつけなくちゃいけないな、と思います。80歳を過ぎても現役で活躍してらっしゃるすごい先輩はたくさんいます。私も先輩たちを見習って、今まで以上に頑張っていきたいと思います。