2017年7月21日に封切られた『怪盗グルーのミニオン大脱走』が、8月2日の公開13日目で観客動員数200万人を突破し、興行収入でも25億円越えを目前にしていることが明らかになった。

同作は8月2日時点で212万6,436人を動員し、興行収入は24億4,549万円となっている。この数字は52億を超える最終興収を叩き出した前作『ミニオンズ』と比べると、同じ公開13日間での興行収入対比で108.0パーセントという驚異のペースにあたる。『ミニオンズ』を超える勢いで話題をさらっており、興行収入60億円越えも視野に捉える好調ぶりだ。

またその人気は映画業界だけに留まらず、マクドナルドでは8月4日よりハッピーセット「怪盗グルーのミニオン大脱走」の発売がスタートした。パルコの夏のグランバザールなどとのタイアップも相次いでおり、日本中の夏を席巻する“ミニオン旋風”はまだまだ勢いを増していきそうだ。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』
(C)UNIVERSAL STUDIOS