TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のNetflixでの配信が決定した。2018年1月に日本国内で配信され、18年春には世界配信を予定している。京都アニメーションの最新作が世界に向けて配信されることになった。

本作は京都アニメーション大賞で最高位賞にあたる大賞を初受賞した注目作である。自動手記人形という仕事に出会った少女 ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、人の心と向き合いながら様々な感情や愛のかたちに触れていく物語だ。
このたび、Netflixでの配信が決定した。日本国内で2018年1月、全世界では18年春に配信される。本作は2017年7月、ロサンゼルスのイベント・Anime Expo2017で第1話のワールドプレミア上映を実施した。会場では3500人のファンが詰めかけるほどの大盛況となっただけに、世界配信も注目を集めそうだ。

主演は『進撃の巨人』ミカサ・アッカーマン役や『映画 聲の形』佐原みよこ役などを務めた石川由依が担当。人の想いを手記として届けるヴァイオレットを演じる。
ヴァイオレットの後見人であるクラウディア・ホッジンズ役に子安武人、ヴァイオレットの親代わりとなるギルベルト・ブーゲンビリア役に浪川大輔、ヴァイオレットと同僚で感情豊かなカトレア・ボードレール役に遠藤綾、同じく同僚で根はやさしい青少年のベネディクト・ブルー役に内山昂輝と人気声優陣が揃っている。
主題歌は『響け!ユーフォニアム』のオープニング・テーマはじめ、多数のアニメ主題歌を手がけるTRUEの新曲「Sincerely」に決定。あらゆるタイプの楽曲を歌いこなす彼女が繊細な世界観を表現する。監督は『境界の彼方』の石立太一、シリーズ構成は『けいおん!』『たまこまーけっと』の吉田玲子が務める。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
2018年1月放送スタート Netflixにて配信(日本国内2018年1月、全世界2018年春)

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会