漫画誌『ハルタ』にて連載中の樫木祐人によるコミック『ハクメイとミコチ』がテレビアニメ化されることになった。
本作は身長わずか9センチメートルのハクメイとミコチが送る日常生活を描いた作品。ハクメイとミコチは山の中で暮らしており、動物や昆虫などとともに社会を形成している。独創的かつ緻密に作られた世界観が魅力だ。

アニメーション制作を担当するのはLerche。これまでに『クズの本懐』『暗殺教室』『魔法少女育成計画』などを制作してきた新進気鋭のスタジオだ。
そして美術を担当するのが、背景美術の職人集団として知られる草薙である。草薙は『ハナヤマタ』『天体のメソッド』『のんのんびより』などの作品で背景を手がけ、評価を高めてきたスタジオだ。『ハクメイとミコチ』の世界観も巧みに表現してくれるだろう。

8月7日から8月13日の期間、りんかい線・国際展示場駅には本作の大判ポスターが掲出される。
また8月10日発売の漫画誌「ハルタ」にはアニメ『ハクメイとミコチ』の特集ページ「大楠通信」が掲載となる。最新情報をいち早く入手したい人は、こちらもチェックしてみるといいだろう。

(C) 樫木祐人・KADOKAWA刊/ハクメイとミコチ製作委員会