イルミネーション・エンターテインメントが贈るアニメーション映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』。そんな本作が、9月18日の時点で、観客動員数599万を突破し、興行収入70億円の大台を突破したことが明らかとなった。並み居る大作映画をおさえ、今年の夏興行で No.1 になる事も確実となった。

これは、最終興収52億円を記録した『ミニオンズ』と、今年3月に公開して現在51億円を超える大ヒットを記録している『SING/シング』を上回る記録となった。日本のみならず全世界で大ヒットを飛ばしており、全世界累計ベースでアニメーション映画シリーズ史上 No,1であり、インターナショナルのアニメ作品の歴代興収ランキングでは、現時点で2017 年公開アニメ作品の中でもNo.1となっている。
公開9週目を迎えても、週末興行収入ランキングでは洋画部門で堂々と第3位に君臨し、全世界累計興収は 10.15億ドルを突破するなど、勢いを衰えることなく大ヒット街道を爆進しており、その記録はいまだに伸び続けている。

次々と記録を塗り替え続ける本作。果たしてそのヒット記録はどこまで伸びていくのか。今後も目が離せないところだ。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』
(C) UNIVERSAL STUDIOS