3人組ヴォーカルユニット・Kalafinaがデビュー10周年の節目にあわせ、初のドキュメンタリー映画『Kalafina 10th Anniversary Film 〜夢が紡ぐ輝きのハーモニー〜』を2018年3月30日より2週間限定公開することが決定した。

Kalafinaは、澄んだ高音域を担当するWakana、低音でコーラスワークのボトムを支えるKeiko、そして待ち前の広い音域で高音域から中音域を担当するHikaruという日本屈指の実力派3人組。『空の境界』や『魔法少女まどか☆マギカ』、『Fate/stay night』といった人気アニメをはじめ、NHK総合テレビ『みんなのうた』やNHK歴史情報番組『歴史秘話ヒストリア』にも楽曲が起用され、幅広い世代のファンを魅了し続けているヴォーカルユニットだ。

今回の『Kalafina 10th Anniversary Film 〜夢が紡ぐ輝きのハーモニー〜』は、日光東照宮や奈良興福寺で行ったライブのほか、全国12都市15公演をアコースティック形式で巡る秋冬ツアーなど2017年の精力的な活動を中心に、日本武道館で2018年1月23日に行うデビュー10周年記念ライブまでの約半年間に密着。10年間の歩みを振り返りつつ、進むべき未来を描き出すドキュメンタリー作品となる。

映画化にあたり、Kalafinaの3人からは「皆さんの心の中にある“Kalafina”が、この映画と共にもっと広がります様に(Wakana)」、「私達の音楽の旅の裏側を少しでもご覧いただけたら嬉しいです(Keiko)」、「正直、裏側を見せるのは少し照れくさくもあるのですが……歌うことは話すこと、話すことは自分を見せること。在りたい自分と、剥き出しの自分を見せる勇気をくれるのは、Kalafinaに触れてくださる皆さんです(Hikaru)」とのメッセージが到着。

さらに撮影によって「10周年を迎えるKalafinaの実力と確たる自信、そして、【今】を手にすることが出来た「秘密」」が見えてきたという河東茂監督からは、「この映画では、彼女たちの素顔、精力的な活動と併せて、その大切な「秘密」を描くことにしました。この映画で皆さんが、Kalafinaをより深く知り、その魅力に引き込まれてくれれば、成功です」とのコメントが寄せられた。

なおKalafinaのファンクラブサイト「Kalafina Harmony」では、チケットクリアファイル付きのオリジナルデザインムビチケ2種類が、12月22日より先行受け付け中だ。

『Kalafina 10th Anniversary Film 〜夢が紡ぐ輝きのハーモニー〜』
2018年3月30日(金)〜4月12日(木)2週間限定ロードショー
監督:河東茂
製作:東宝、スペースクラフトプロデュース、ソニー・ミュージックレーベルズ
配給:東宝映像事業部

(C)2018「Kalafina 10th Anniversary Film」製作委員会