田中圭が主演し、“人を好きになること”の純粋さを軽やかなやりとりで魅せ人気を博したドラマ『おっさんずラブ』。2019年夏には続編の映画化が決定している本作のコミカライズ第1巻が3月13日(水)より発売される。

物語の主人公・春田創一は、不動産会社で働く33歳のサラリーマン。営業成績は振るわず、いつか素敵な恋に巡り合えると心のどこかで信じながらも、合コンでは失敗ばかり。しかしそんな春田を、心の底から愛する人が現れる。それはなんと、尊敬する部長・黒澤武蔵だった。さらには同居している後輩・牧凌太も春田を好きだと言い出して…!?

『おっさんずラブ』は2018年4月21日から6月2日まで、テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠で放送された連続ドラマだ。第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞での作品賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞、監督賞、特別賞の6冠に加え、数多くの受賞歴を持つ。

現在、「BE・LOVE」にてコミカライズが連載中。ストーリーはドラマ「おっさんずラブ」の脚本に準拠し、「人を好きになるピュアさ」に焦点を当てて丁寧に描かれた新訳・「おっさんずラブ」をぜひマンガでも楽しんでみて。
なお、コミックスの続きは発売中の「BE・LOVE」4月号に掲載されてる。

マンガ『おっさんずラブ』第1巻は、2019年3月13日発売。