『賭ケグルイ』鈴井涼太役や『アイドルマスターSideM』九十九一希役などを務める声優・徳武竜也が2019年12月3日、年内をもって、声優業を含む一切の芸能活動を廃業すると発表。所属事務所「WITH LINE」公式サイトにて、廃業の報告と共に「お仕事をしている中で得られた感動や皆様から頂いた想いは決して忘れる事のない宝物です。その宝物を胸に、私自身も新たな道へ進むことが出来るよう精進して参ります」とコメントを寄せている。

「WITH LINE」は公式サイトのニュースページにて、「この度、WITH LINE所属、徳武竜也が2019年12月末日を持ちまして、一切の芸能活動を廃業させていただくことになりましたことをご報告致します。急なご報告となりましたこと深くお詫び申し上げます。今日まで関係各社様、並びにファンの皆様にはご支援・ご声援を賜りまして誠にありがとうございました」と発表。

あわせて掲載された徳武からのコメントには「いつも応援して頂いている皆様へ。この度は突然のご報告となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。私、徳武竜也は2019年12月31日を持ちまして、声優業を廃業させて頂くこととなりました」との報告と共に、ファンや関係者へのメッセージが。

「デビューからこれまで、関わらせて頂いた作品、キャラクター、スタッフや関係者の皆様、そしてなによりも支えて下さったファンの皆様には心から感謝しております」と感謝を述べ、続けて「応援頂いている中、ご期待に応えることができず本当に申し訳ありません。皆様には、どうか、これからも前へ歩み続けるキャラクターや作品を、変わらず愛して頂けますと幸いです」と綴る徳武。

最後に「お仕事をしている中で得られた感動や皆様から頂いた想いは決して忘れる事のない宝物です。その宝物を胸に、私自身も新たな道へ進むことが出来るよう精進して参ります。改めまして、これまで応援して下さり誠にありがとうございました」とメッセージを寄せた。

また、徳武が九十九一希役で参加していた『アイドルマスターSideM』も同日、ブログにてコメントを発表。今後発売の「THE IDOLM@STER SideM 5th ANNIVERSARY DISC 02」「THE IDOLM@STER SideM WORLD TRE@SURE 12」は徳武のキャラクターボイスのまま制作を予定しており、新キャストについては現在検討を行っている段階とのことだ。