『怪盗グルーのミニオン大脱走』『SING/シング』スタッフが贈る最新作『小さなバイキング ビッケ』の予告編&場面写真が公開された。



『小さなバイキング ビッケ』の原作は、スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンによる児童文学『小さなバイキング』シリーズだ。
半世紀に渡って世界130か国以上で愛され続け、日本ではドイツと共同製作したTVアニメが1972年〜1974年に放送。尾田栄一郎のマンガ『ワンピース』のモチーフになったことでも知られている。



本作では、主人公・ビッケの日本語吹き替えを、TVアニメ『映像研には手を出すな!』で浅草みどり役を務めたほか、「第57回ギャラクシー賞」TV部門で個人賞に輝いた伊藤沙莉が担当。また、監督・脚本を2013年にヨーロッパでリメイクされたTVシリーズ『Vic The Viking』に参加したエリック・カズが務め、作画監督として『怪盗グルーのミニオン大脱走』『SING/シング』『ペット』のティモ・ベルクが名を連ねた。



今回公開された予告編では、魔法の剣によってビッケの母・イルバが黄金の像に変えられてしまうシーンからスタート。
そして、海賊の息子なのに暴力が嫌いで小さくて弱虫なビッケが、母を救うため、夢であるバイキングになるため、海賊長の父・ハルバルと船員達と共に大海原へ旅立つ姿が映し出されている。


『小さなバイキング ビッケ』は、2020年10月2日に全国公開。特典クリアファイルが付属する劇場前売券は8月11日より販売開始。

監督:エリック・カズ
アニメーター:ティモ・ベルク 『SING/シング』『ペット』『怪盗グルーのミニオン大脱走』

出演:伊藤沙莉(ビッケ)、三宅健太(ハルバル)、前野智昭(レイフ)、和多田美咲(イルビ)、 田坂浩樹(スベン)、前田雄(ウローブ)、鷲見昂大(ファクセ)、白井悠介(ゴルム)、 神尾晋一郎(ウルメ)、長瀬ユウ(スノーレ)、坂田将吾(チューレ)、矢尾幸子(イルバ)、野津山幸宏(ソー)
(C)2019 Studio 100 Animation - Studio 100 Media GmbH - Belvisio