キングレコードのYouTube公式チャンネル「KING AMUSEMENT CREATIVE」公式チャンネルにて、「【OPメドレー】キングレコード厳選アニメ14作品OP映像メドレー」が公開されました。
『少女革命ウテナ』『さよなら絶望先生』『スレイヤーズREVOLUTION』『鬼灯の冷徹』『シドニアの騎士』『ポプテピピック』など……懐かしい作品から、「クソアニメ」作品など幅広くチョイスされており、今回はそのなかから一部をご紹介していきます。



■少女革命ウテナ/「輪舞-revolution」


『少女革命ウテナ』は、1997年に放送された少女向け学園アニメ。『美少女戦士セーラームーン』シリーズで演出やディレクターを担当した幾原邦彦さんが監督を務め、少女マンガ家・さいとうちほさん、制作チーム・ビーパパスがタッグを組み制作されました。
影絵の使用や、デザインにこだわった演出、劇中音楽には合唱を取り入れるなど、独特な世界観が散りばめられており、ファンから根強い人気を持つ作品です。
また、男装をした主人公、同性愛や近親相姦など少女向けアニメでは斬新なテーマを取り入れていることでも話題になりました。

■シャーマンキング/「Over Soul」


『シャーマンキング』は、霊が見える少年・麻倉葉がシャーマンの頂点を決めるシャーマンファイトに参加し、シャーマンキングとなるため仲間たちと共に戦いを繰り広げる物語。
原作は「週間少年ジャンプ」にて連載された武井宏之先生によるマンガ。2001年よりアニメが放送され一旦完結しましたが、2021年に完全新作アニメが放送されることが発表されました。
2001年版のアニメでは水島精二さんが監督を務め、キャストは麻倉葉役を佐藤ゆうこさん、阿弥陀丸役を小西克幸さん、小山田まん太役を犬山犬子さん、恐山アンナ役を林原めぐみさん、ハオ役を高山みなみさんらが演じました。また、オープニング曲「Over Soul」は林原さんが歌っています。

■さよなら絶望先生/「人として軸がぶれている」


第1期から第3期まで2007年〜2009年に放送。監督は新房昭之さん、アニメーション制作はシャフトが担当しました。原作は『かくしごと』『かってに改蔵』などで知られる久米田康治先生。
どんなことでもネガティブに考えてしまう死にたがりな担任・糸色望(CV.神谷浩史)と、個性豊かな生徒たちが繰り広げるブラック・コメディです。
こちらで公開されている第1期OP曲「人として軸がぶれている」は大槻ケンヂと、作中に登場する絶望少女達(CV.野中藍、井上麻里奈、小林ゆう、沢城みゆき、新谷良子)の歌唱によるもの。

■ポプテピピック/「POP TEAM EPIC」


『ポプテピピック』は2018年に放送された、大川ぶくぶの4コママンガ原作のアニメ。パロディ、時事ネタ、ブラックユーモアなどがショートコント形式で展開され、「クソアニメ」と自称している作品です。
声優は、毎回さまざまな声優がコンビで起用されており、三ツ矢雄二さん&日高のり子さんの『タッチ』コンビ、中村悠一さん&杉田智和さん、小松未可子さん&上坂すみれさんなどの仲良しコンビなどが登場しました。

このほかにも、『魔法少女リリカルなのは』の「innocent starter」、『鬼灯の冷徹』の「地獄の沙汰も君次第」、『シドニアの騎士』の「シドニア」などがラインナップ。
また、OP曲にあわせED曲も公開されているほか、各作品の第1話も期間限定で公開中とのこと。ぜひOPを見て気になったら、作品もあわせてご覧になってみてはいかがでしょうか。



(C)ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京
(C)1999 少女革命ウテナ製作委員会
(C)武井宏之・講談社/テレビ東京・XEBEC・NAS・Mankin.Project.
(C)久米田康治・講談社/さよなら絶望先生製作委員会
(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード