2020年も数々のアニソンが生まれ、作品の幕開けとラストを彩りました。
新型コロナウイルスの影響でアニサマなどのライブイベントは延期になってしまいましたが、アニソンの勢いは健在。
LiSAさんの歌う『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』主題歌「炎」が第62回日本レコード大賞を受賞するなど、一般層からのアニメソング支持も高まりを見せています。

アニメ!アニメ!では年末恒例のアニメ総選挙を実施。
「一番好きな主題歌は?」と題したアンケートでは、OPとED、各1曲を挙げてもらいました。回答期間は12月4日から12月15日まで。昨年の237票を大きく超える、1,176票もの回答が寄せられました。
男女比は男性28%、女性72%と女性が多め。年齢層は19歳までが約39.5%を占めました。次いで20〜24歳が約10.9%、30〜34歳が約8%となっています。

本稿では「ED編」の結果を発表! はたして1位に輝いた1曲は……?



■1位はOP編でも首位のアーティスト!
第1位
1位は『ランウェイで笑って』のED「Ray of Light」(ジェジュン)。支持率は26.6%でした。



「主人公の未来に寄り添うような歌詞がとても素敵でした」、「恵まれない環境の中でも精一杯頑張っている主人公や、アニメを見た全ての人への応援歌みたいに聞こえたから」、「自分を優しく鼓舞できる曲」など、あたたかな歌詞が高評価。


「歌声に癒されました」、「透明感ある歌声が主人公のひたむきさにシンクロしている」など、ボーカルに魅力を感じたファンもいました。

EDアーティストのジェジュンは「2020年アニメ!アニメ!総選挙 OP編」でも『NOBLESSE -ノブレス-』の主題歌で1位を獲得。その歌声は国境を超えてファンの心をつかみ、アニソンの世界でも存在感を放っています。

第2位
2位は『呪術廻戦』の「LOST IN PARADISE feat. AKLO」(ALI)。支持率は約8.3%です。



「2020年で1番おしゃれなエンディング!何回でも見ちゃう!」、「EDでキャラが踊っているのが最高にいい」、「作画がおしゃれ」と映像と併せて楽曲を気に入ったファンからのコメントが寄せられました。


また、「呪術師たちの日常の様子が知れた」と、シリアスな本編とのギャップに心をつかまれた人も。戦いの中ではあまり見せない素の表情が、より尊さを感じさせます。

第3位
3位は『NOBLESSE -ノブレス-』の「Etoile」(OH MY GIRL)。支持率は約3.2%です。



「声も歌もきれい」、「3ヶ国語での展開がすごい」などのコメントが寄せられました。
「Etoile」は『NOBLESSE -ノブレス-』のOPと同様、日本語、韓国語、英語の3か国語で展開。世界中のファンが歌詞の内容を理解できた点も支持を集めました。



■そのほかのコメントを紹介!
4位は『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld最終章(2ndクール)』の「I will…」(藍井エイル)には、「ユージオやアスナのキリトへの思いを代弁していて、聴いていてすごく泣きたくなってしまう曲だから」などのコメントが。
シリーズを通して多くの主題歌を担当した藍井エイルさんが歌っている点も「SAOらしい」と評価されていました。


『Re:ゼロから始める異世界生活』(第2期)の「Memento」(nonoc)には「リゼロっぽい独特で不思議な感じのメロディー」、「ミステリアスな雰囲気だけれど、儚さと透明感があって自分の好みにダイレクトアタックしました」などのコメントが。
「使われ方が色々とズルすぎてこの曲以外挙げられないレベルで印象に残っています」と、作中での使い方を評価する声も見られました。


『地縛少年花子くん』のED「Tiny Light」(鬼頭明里)は8位にランクイン。
「花子くんと寧々ちゃんの絶妙な距離を上手く表している」、「原作とあわせて聞くと、とてもエモい」など、作品との親和性の高さを評価するコメントが多く寄せられました。


「優しい歌声が好きでした」、「繊細な声が好きです!」など、寧々役を演じる鬼頭明里さんの声も人気を集めています。

『かくしごと』のED「君は天然色」(大滝詠一)は1981年にリリースされた名曲。CMソングなどでもおなじみですが「かくしごとの世界観にピッタリで、何回も聴いてるうちに自分も歌いたくなる」と作品を象徴するような歌詞や、さわやかな曲調がファンの心をつかみました。


OPとはまた違った曲調や演出で物語の余韻を感じさせてくれるED。思わず身体が動き出すダンスナンバーから涙腺崩壊のバラードまで、作品に合わせた幅広さも魅力的です。



ランキングトップ10を発表!
[2020年一番好きなED曲は?]
1位 『ランウェイで笑って』
2位 『呪術廻戦』
3位 『NOBLESSE -ノブレス-』
4位 『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 最終章(2ndクール)』
5位 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- Rhyme Anima』
6位 『ハイキュー!! TO THE TOP』(1クール目)
7位 『Re:ゼロから始める異世界生活』(第2期)
8位 『地縛少年花子くん』
9位 『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』
9位 『アイドリッシュセブン Second BEAT!』
9位 『ご注文はうさぎですか? BLOOM』
9位 『かくしごと』
9位 『おそ松さん』(第3期)
10位 『ハイキュー!! TO THE TOP』(2クール目)
10位 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』

(回答期間:2020年12月4日〜12月15日)


※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。