現在ロングラン上映中の『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の興行収入が21億円を突破した。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、2018年に放送され、情緒あふれる豊かな世界観と登場人物の繊細な心情描写が話題となった、京都アニメーション制作のTVアニメ。
『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』では、完全新作の物語が紡がれている。

本作は2021年1月14日付けで動員145万2,331人、興収21億1万4,400円を記録。
ドルビーシネマ版も一部劇場で続映されており、2月5日より丸の内ピカデリーでの再上映も決定している。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は現在ロングラン上映中。

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会