TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』より、2021年1月20日(水)より放送の第1話「我が遺志を伝えよ魔王」のあらすじ・先行カットが公開された。



『魔術士オーフェン』の原作は、1994年の第1巻刊行以降、様々なシリーズが発表され、累計1,400万部(電子書籍含む)を誇る“ダークファンタジー”ライトノベルだ。
過去に1998年・1999年にアニメ化されたが、シリーズ生誕25周年を迎え2020年に『魔術士オーフェンはぐれ旅』として再アニメ化。
『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』では、義姉・アザリーの残した「私と決着をつけたけいのなら、キムラックに来なさい」という言葉を追って、オーフェン達がキムラックへ向かうところから物語が始まる。



第1話のタイトルは「我が遺志を伝えよ魔王」。
アザリーを追ってキムラック市へ旅を続けるオーフェン一行は、道中、怪物に襲われていた盗賊団の男達と遭遇する。
オーフェン達も怪物に囲まれ、なんとか劇場内に逃げ込むと目の前に現れたのは盗賊団の首領女・剣士メッチェン。
彼女は魔術士と敵対するキムラック市への進入を手助けする交換条件として、遺跡探索の協力をオーフェンに持ちかける……。



『魔術士オーフェンはぐれ旅』第1話「我が遺志を伝えよ魔王」は、2021年1月20日(水)21時よりAT-X・TOKYO MXほかにて放送開始。

【放送情報】
AT-X  1月20日(水)21:00
(リピート放送:毎週金曜日 9:00/毎週火曜日 15:00)
TOKYO MX 1月20日(水)22:00
WOWOW 1月20日(水)24:00 (全話無料放送)
BSフジ 1月21日(木)24:30
※放送日時は都合により変更になる可能性がございます。

【キャスト】
オーフェン:森久保祥太郎 
クリーオウ:大久保瑠美 
マジク:小林裕介
アザリー:日笠陽子
メッチェン:鬼頭明里
サルア:下妻由幸
ラモニロック:宮内敦士
クオ:杉田智和
カーロッタ:坂本真綾
ラポワント:小西克幸
ネイム:子安武人
イスターシバ:井上喜久子
アナスタシア:平山笑美
ボルカン:水野まりえ
ドーチン:渕上 舞
チャイルドマン:浪川大輔

【スタッフ】
原作:秋田禎信(TOブックス刊) 
原作イラスト:草河遊也 
監督:浜名孝行
シリーズ構成:吉田玲子 
キャラクターデザイン:菊地洋子 りお 
色彩設計:桂木今里
美術監督:荒井和浩 
撮影監督:近藤慎与 
CG監督:花見美洋 
音響監督:平光琢也
音楽:Shinnosuke 
音楽制作:ランティス 
編集:小野寺桂子

オープニング主題歌:「LIGHT of JUSTICE」森久保祥太郎(ランティス)
エンディング主題歌:「操り人形クーデター」渕上 舞(ランティス)

プロデュース:GENCO 
アニメーション制作:スタジオディーン

(C)秋田禎信・草河遊也・TO ブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会