TVアニメ『はたらく細胞BLACK』より、2021年1月23日(土)放送の第5話「過重労働、脱毛、錯乱。」のあらすじ・先行カットが公開された。



『はたらく細胞BLACK』の原作は、赤血球と白血球を中心とした体内細胞の知られざる活躍を描いた細胞擬人化作品『はたらく細胞』のスピンオフコミック。
こちらでは、「飲酒」「喫煙」「睡眠不足」などの重なる不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働を映す。



第5話では、赤血球(AA2153)が幾多の苦難を乗り越え、自分の仕事に自信を持てるように。
“これからも良い世界を作っていこう”と白血球と共に誓い、仕事のやりがいを感じる。

それも束の間、毛根に炎症が起こり、そこにいたのは仲間である毛母細胞を襲い、毛根を破壊する、仕事仲間であるはずのキラーT細胞だった。



『はたらく細胞BLACK』第5話「過重労働、脱毛、錯乱。」は、2021年1月23日24時よりTOKYO MXほかにて放送・配信。

【スタッフ】
原作 原田重光・初嘉屋一生・清水茜(講談社「モーニング」連載)
監督 山本秀世
シリーズ構成・脚本 森ハヤシ
キャラクターデザイン 安彦英二
メカニックデザイン 氏家嘉宏
アクションエフェクト作画監督 神谷智大 
美術監督佐藤正浩、塚原千晶
美術監督補佐 大田麻友香
色彩設計 岡亮子
3DCGIディレクター 原一晃(旭プロダクション)
撮影監督 高津純平
撮影監督補佐 高村真実
編集 長谷川舞
音響監督 田中 亮
音響効果 北方将実
音響制作 スタジオマウス
音楽 菅野祐悟
音楽制作 アニプレックス
アニメーション制作 ライデンフィルム
製作 アニプレックス・講談社・ネットイース・TOKYO MX

【キャスト】
赤血球(AA2153) 榎木淳弥
赤血球(AC1677) KENN
白血球(1196)  日笠陽子
白血球(8787)  Lynn
白血球(1212)  内山夕実
主細胞       鳴海崇志
血小板       久保ユリカ
ナレーション    津田健次郎
マクロファージ   椎名へきる
肝細胞       ブリドカット セーラ 恵美
脳細胞(司令)   平川大輔(C)原田重光・初嘉屋一生・清水茜/講談社・CODE BLACK PROJECT