シリーズ完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、満を持して2021年3月8日に公開されました。
今回はこれを記念して、続々とリリースされる『エヴァンゲリオン』グッズの中から【エヴァンゲリオンフィギュア】をまとめてご紹介します。

RG 人造人間エヴァンゲリオン初号機

本商品は、エヴァンゲリオン初号機を『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』でも印象的だった夜間戦闘時のカラーリングで立体化したアイテム。
A.T.フィールドエフェクトパーツと専用のハンドパーツも付属するので、劇中のA.T.フィールドを引き裂くシーンも再現可能です。

「RG 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機(夜間戦闘仕様)」は、5,500円(税込)。現在、「プレミアムバンダイ」にて予約を受付中だ。

エヴァンゲリオン初号機 ヒューマンスケールフィギュア

本商品は、エヴァンゲリオン初号機を“全高約2.3m超”というサイズ感で立体化したヒューマンスケールフィギュア。
このスケールにあわせて全身のプロポーションやディテールを、これ以上“足せない”“引けない”所まで徹底的にこだわり再構築しているほか、全身に施されたLEDで暴走状態の圧倒的な迫力も堪能できます。

「エヴァンゲリオン初号機 ヒューマンスケールフィギュア 」の価格は3,003,000円(税込)。2021年6月23日まで「F:NEX」にて予約を受け付けており、商品は2022年1月以降に順次発送予定。

ROBOT魂 <SIDE EVA> エヴァンゲリオン新2号機α

本商品は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で激戦を繰り広げたエヴァンゲリオン新2号機αを立体化したアイテム。
背中にある大ボリュームのバックパックは着脱可能となっており、回転ギミック付きの重火器を装備して楽しむことも。

アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 エヴァンゲリオン第13号機

本商品は、碇シンジと渚カヲルが搭乗するエヴァンゲリオン第13号機を、全高160センチ(槍含む)で立体化したアイテムです。
初号機を連想させるカラーリングやフォルムや、4本の腕を広げて“ロンギヌスの槍”を掲げた劇中のシーンを再現し、さらに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』クライマックスの地“セントラルドグマ”をイメージした専用ベースも付属。
さらに、「2本のロンギヌスの槍をクロスさせ下に構えた腕パーツ」と「左右手を上に掲げた腕パーツ」が付くDX版も用意されています。

「アルティメットジオラママスターライン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 エヴァンゲリオン第13号機」の価格は15万6,900円(税別)。DX版は16万7,900円(税別)。現在「プライム1スタジオ」オンラインストアにて予約を受け付けており、商品の発売は2022年4月〜7月を予定。

(C)カラー