2021年10月放送開始のTVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』の追加キャストが発表。田村睦心、日岡なつみ、松岡禎丞の出演が決定した。



『吸血鬼すぐ死ぬ』は、「週刊少年チャンピオン」にて連載中のハイテンション吸血鬼ギャグ漫画が原作。アニメ版では、福山潤がドラルク役、古川慎がロナルド役を演じるほか、神志那弘志が監督、菅原雪絵がシリーズ構成、中野繭子がキャラクターデザイン、マッドハウスがアニメーション制作を務めることがすでに発表されている。



今回新たに発表されたのは、追加キャスト陣。ドラルクの使い魔であるアルマジロのジョンを田村睦心、吸血鬼対策課副隊長のヒナイチを日岡なつみ、同じく吸血鬼対策課所属で吸血鬼と人間のハーフである半田桃を松岡禎丞が演じる。それぞれのキャラクターの設定も公開された。

現在発売中のコミックス『吸血鬼すぐ死ぬ』最新17巻の帯、「週刊少年チャンピオン」19号でもカラー記事にて同様のアニメ新情報を掲載中だ。

TVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』は、2021年10月放送開始。

【放送情報】
2021年10月放送開始

【キャスト】
ドラルク:福山 潤
ロナルド:古川 慎
ジョン:田村睦心
ヒナイチ:日岡なつみ
半田 桃:松岡禎丞

【スタッフ】
原作:盆ノ木至(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:神志那弘志
シリーズ構成:菅原雪絵
キャラクターデザイン:中野繭子
アニメーション制作:マッドハウス
(C)盆ノ木至(秋田書店)/製作委員会すぐ死ぬ
(C)盆ノ木至(秋田書店)2015