新しい未来のテレビ「ABEMA」(アベマ)のアニメCHで配信中の業界初のオリジナル声優レギュラー番組「声優と夜あそび」が2021年4月2日に4周年を迎えた。


アニメ!アニメ!では4周年記念、そして新シーズン開始企画として各曜日の担当MC声優陣にインタビューを実施。「声優と夜あそび」と歩んだ道のりや4年目の意気込みを訊いた。


今回は月曜日のMCを担当する安元洋貴さんにインタビュー。月曜日を「声優と夜あそび」新MCの前野智昭さんと担当する。1週間を走り切るための「疾走感」を視聴者に感じてもらうために、安元さんが大切にしていることとは?
[取材:マンゴー娘、文:森 元行、撮影=Fujita Ayumi]

――MC継続という話を受けてどのような印象を持たれましたか?

安元:MC継続もそうですが、何より番組自体が続いてよかったです。2020年は大変な年で、多くの番組が再放送や特殊な編成でやりくりしている中「声優と夜あそび」は生放送としてエンタメが提供できた。スタッフの皆さんが頑張っている姿を間近で見ていたので、終わったら切ないな、と。なので、自分自身のMC継続というよりも、番組が続いたことが素直に嬉しいです。

――2020年で印象に残った企画はありますか?

安元:リモート配信が故に、スタジオのWi-Fi回線をみんなが一斉に使ってパンクしてしまい、配信が止まった時は記憶に残っています。
その日は視聴者の皆さんと生電話で繋がる企画だったので、「そういえばスタジオの電話があるじゃん」と思い出し、スタジオの電話にかけて、なんとか音声で出演することができたという……。
これがダメならこの手があるという形で、みんなで二の矢、三の矢を放って、やりくりしていたことが印象に残っています。もちろん、完成した美しいものを皆さんにお届けするべきなのですが、スクランブル体制の中でなんとかやり遂げられたのはいい経験だったなと思いました。



――新シーズンの月曜日をどんな曜日にしたいですか?

安元:「月曜日は週のはじめで、憂鬱だ」という人も多いと思いますが、気分が沈んでいる中で学校や会社から帰宅したあと「声優と夜あそび」の月曜日を観ていただいて、内容は覚えてないけど「あー、なんか面白かった」と言ってもらいたい。鬱屈した気持ちを晴らしてもらいたいですし、中身があってもなくても、面白いことを提供したいです。

――新しくやってみたい企画は?

安元:ご飯はつくってみたいんですが、ここのスタジオ、火が使えなくて……。前野さんといろいろできればと思いますし、番組名に「あそび」という言葉も入っているくらいなのでいろんなあそびができたらいいなとは思いますね。



――番組に呼んでみたいゲストは?

安元:前野さんはすごく真面目だから、最初のほうは緊張されると思うんです。なので、初めの段階で鳥海浩輔さんを呼びたいですね。僕は、鳥海さんは前野さんとのコミュニケーションの取り方が世界で一番うまいと思っていて、僕もそれを見て、「こうやって前野さんとコミュニケーションを取るんだ」と学びたいです。

――相方の前野さんに伝えておきたいことはありますか?

安元:「とにかく楽しみましょう」ですかね。あとこれからも僕は「EGUMI(江口拓也さんとアパレルメーカー・MASAKAのコラボプロジェクト)」の衣装を着続けるので、前野さんも衣装を考えておいた方が良いかもしれませんよ。読売ジャイアンツのユニフォームとか。毎回の収録で、衣装を考えなくていいのはすごく楽だぜ、なんならスタイリスト代もかからないんだぜ、とぜひ前野さんに伝えたいですね(笑)。



――遊びに行きたい他の曜日は?

安元:すべての曜日に、また行きたいです。前に遊びにいった時に、曜日ごとの違いを感じられてすごく良かったので。「じゃあ僕たちはこっちの方向を目指そう」と自分たちなりの舵取りができるようになりました。

――「夜あそび」がモチーフの番組ですが、逆に、朝のルーティーンはありますか?

安元:最近、春雨を2袋通販で買おうとしたら、ダンボールで2箱届きまして、あり余る春雨を消化するために、毎朝、すりおろした玉ねぎとお味噌とリンゴ酢を混ぜた、いわゆる「長生き味噌汁」を作って、そこに春雨を投入しています。毎朝、その味噌汁を飲むことがルーティーンになっています。



――新シーズンということで、安元さんご自身が2021年に挑戦したいことは?

安元:情勢が落ち着いて、安心して遠出できるようになったら旅行に行きたいですね。もう昨年から実家にすら帰れていないのですが、もし行けるのであれば、まずは鬼怒川あたりから。
各地を巡業しながら、生放送もしたいですね。そんなに大きい建物である必要はなくて、こじんまりとした民家などから配信してみたい。
昨年は、ほぼファンの方たちに会えなかったので、いつも応援して下さっている人たちに会いに行って、「待たせたな」と生で声を届けたいです。

――それでは最後に、ファンの皆さんへ向けてメッセージをお願いします。

安元:肩肘張らず楽しんで頂ければと思います。各曜日、カラーは違いますが、演者自身も楽しんでやっているので、その「楽しい」が皆さんに伝わって、みんなで楽しんでいきたいです。
たぶん、今年も月曜日は中身がありません(笑)。スッカスカのバラエティーをやっていますが、でもそれが、僕の理想です。「何かよく分からないけど面白かった!」と思ってもらえるのが一番の理想なんです。これからも月曜日は疾走感を大切にやっていきますので、よろしくお願い致します。