声優の下野紘と梶裕貴が、『君の膵臓をたべたい』で知られる小説家・住野よるによるオリジナル企業タイアップ小説をアニメ化したTVCM『no doubt』に声の出演を果たした。
理由もなくふたりで過ごす男子高校生の役を演じており、TVCM本編とともにメイキングムービー、スペシャルインタビューの模様を収めた動画も公開された。


『no doubt』は、部活やバイトをしていないふたりの男子高校生が理由もなく一緒に過ごす青春ストーリー。大人になってから「あれが“青春”だった」と気づくような何でもない日常と、そこに寄り添うブルボンの「濃厚チョコブラウニー」を描く。
『君の膵臓をたべたい』で知られる住野が初めて書き下ろした、「理由のない感情を尊重する」をテーマにしたオリジナル企業タイアップ小説だ。


アニメTVCMでは、下野は男子高校生のイマイ役、梶はそのクラスメイトのイガラシ役を、先駆けて公開されているオーディオ小説版に引き続き担当した。
スペシャルインタビューでは撮影の感想をはじめ、男子高校生役を演じたことにちなむそれぞれの青春エピソードや、作品テーマにあわせた「理由がなくても好きなもの」などを披露している。


下野紘と梶裕貴が男子高校生の青春物語を演じるアニメTVCM『no doubt』は、4月13日より公開中。
ブルボンの公式YouTubeチャンネルでは、オーディオ小説版の『no doubt』全5話も視聴できるので、あわせてチェックしてみたい。

<以下、コメント全文掲載>
【イマイ役:下野紘】
今回、イマイというキャラクターを演じさせていただきましたが、まさか自分がこんな青春物語をやらせていただくことになるとは思っていなかったですし、監督から、イマイは“THE 今っぽい少年”という説明を受け、齢40を超えたボクとしては少し緊張しました。

基本はイマイくん視点での物語になっています。イガラシとイマイのなんとも言えない絶妙なやり取りがあって、梶くんと一緒にやらせていただいて、その空気感が楽しくてずっとこの空気感を味わっていたいなと思わせてくれるようなそんなお話になっています。濃厚チョコブラウニーがキーワードにもなっていますので、どういう風に登場するのか、表現されているのかぜひ聞いて楽しんでください。よろしくお願いします。

【イガラシ役:梶裕貴】
僕は以前、住野よる先生の作品を朗読させていただいたことがあるのですが…今回の書下ろし『no doubt』も本当に素敵な物語でした。思春期ならではの不安定な心情となんとも言えない空気感が、イマイとイガラシという男子二人を通して、絶妙に表現されていたように感じます。一人で台本を読んだ時から心震えていたので…収録ではどうなるのか、自分自身とても楽しみにしていました。下野さんとの二人芝居、長年の付き合いだからこその空気感が作品にもあらわれていると思います。「濃厚チョコブラウニー」の美味しさを、青春エピソードを通して存分に楽しんでいただけるはず。ぜひ「濃厚チョコブラウニー」をかじりながらお聴きください。よろしくお願いします!

アニメーションTVCM 『no doubt』
放映開始: 2021年4月13日(火)
放映地域: 全国
原作:住野よる
キャラクターデザイン:いつか
声の出演:下野紘、梶裕貴
制作:白組