新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」が「アニメLIVEチャンネル」にて、4月20日に『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#2』を放送した。
この回では、下野の誕生日を祝う「祝 紘くんの41歳バースデーSP」を実施。前回(#1)の放送で決めた医者の衣装へ“ナマ着替え”をする「誕生日恒例!紘くんのナマ着替え」のほか、「紘くんのクエスチョン41」「巨匠、真礼監督によるタケルみ劇場」などのコーナーが行われた。



「祝 紘くんの41歳バースデー SP」は、放送日の翌日4月21日に41歳の誕生日を迎える、下野を祝福する特別企画を実施した回となった。
まずオープニングでは、下野は肉襦袢(じゅばん)を着て登場。スタジオに向かってゆっくりと歩いてくる姿に、内田は「変態が入ってきたかと思った」と爆笑し、下野も「バカじゃねーの」「思ったよりも変態だった」と嘆く。

下野の写真がプリントされたケーキやプレゼント、視聴者からのメッセージを受け取った下野は続いて、前回(#1)の放送で決めた衣装へと“ナマ着替え”することに。内田のリクエストから決まった、某胸キュン医療ドラマの“タケル”の衣装へ着替えていく。
着替えが終了し、医者の姿になった下野が登場すると、内田は「やばい! 全俺が死んだ」「めっちゃ似合います。いい!」と大興奮。視聴者からも「かっこいいです!」「白衣たまらん!」「こんな先生に診てもらいたい!」と絶賛のコメントが飛び交い、これには下野も恥ずかしそうに笑った。



番組の後半では、「巨匠、真礼監督によるタケルみ劇場」が実施された。これは監督に扮した内田が、下野を“ツンデレドクター”に変身させるために演技指導するもの。「患者さんの体温を測るときの…Drタケル」「新米看護師さんに対する…Drタケル」などのシチュエーションに沿ったセリフを、下野がダミーヘッドマイクに囁いていく。

「おでこを当てて!」「優しいんだけど、言葉は強いっていう」「先生ほんとは私のこと好きなの? なんでこんなこと言うの? みたいなやつ!」などの内田の細かい演出に、下野は「この監督厳しいんだよね」と言いながらも演出通りの完璧な胸キュン演技を披露。
コーナーが進むにつれ、内田は「聴診器で下野さんの心臓の音を聞かせて“俺の鼓動聞こえるか? お前に会えて早くなってるだろ?”これだー!」「“俺には?”(というセリフ)最高かよ! 俺がいないとっていうね」「“困ったら俺が悩み聞いてやるから”と言いながら頭ポンでお願いします。で、ちょっと覗き込んじゃおうか? 顔近い〜(照)みたいな!」と、妄想を加速させていく。



そんな内田の演技指導に答える下野は、「正解がわからない」「どんなコメント流れてるかドキドキしてるんですけど」「ほんとにいいのかな〜?」と視聴者の反応を気にするが、「好きです!」「ドキドキ」「かっこいい〜」「近い!!」「キャー」と盛り上がるコメントに「もういいです!すごい恥ずかしい」と大照れ。
その後もキザなセリフを連発した下野は、言葉にならないくらい恥ずかしい様子ながらも、「声優とはいえ役者ですから演じるのは楽しいですよ」「OA 見るのは怖いですけど」と楽しんだことを話した。

そして番組も終盤となり、そろそろ終了かと思いきや、内田はそこで「ちょっと私から……」と手紙を取り出した。「3年目の相方になった下野さん。今年も一緒で嬉しいです」「下野さんは大黒柱であり、かっこいい私たちのヒーロー。大好きです」と感謝が詰まった内容に、下野は「何でガチなやつなんだよ〜」「手紙はだめだよ〜」と目元を潤ませる。

最後は下野が、「2021 は始まったばかりですから! みなさんが楽しんでくれたらいいかなと思っていますんで、これからもよろしくお願いします」と視聴者へ感謝を伝え、41歳の誕生日SPを締めくくった。

『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#2』はABEMAプレミアム限定で、「ABEMAビデオ」にて配信中だ。
なお「ABEMAプレミアム」では、アフタートークなどの限定映像が見られる『声優と夜あそび プレミアム【下野紘×内田真礼】 #2』も配信しているので、あわせてチェックしてみたい。

〈「アニメ LIVE チャンネル」/『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#2』〉
▼ABEMA ビデオにて#2 配信中!
2021年4月20日(火)放送
出演者(敬称略):下野紘、内田真礼
※ABEMA プレミアム(※)限定配信となります。
(C)AbemaTV,Inc.