4月29日は立木文彦さんのお誕生日です。

立木文彦さんは1980年代に声優デビュー。2021年も『銀魂 THE FINAL』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』など幅広いタイトルに出演中です。
アニメはもちろん吹き替えも数多く担当。バラエティ番組のナレーションでもお馴染みで、誰もが一度は声を聞いたことがあるでしょう。


そこでアニメ!アニメ!では、立木文彦さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。4月14日から4月21日までのアンケート期間中に255人から回答を得ました。
男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約45パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。



■今年フィナーレを迎えた2作品が上位に!
第1位
1位は『銀魂』の長谷川泰三(マダオ)。支持率は約60パーセントで、3年連続トップでした。



「もはや登場しただけで面白いマダオは立木さんの声あってこそだと思う。どんなシリアスな場面でも笑わせてくれる『銀魂』になくてはならない存在です!」や「アニメで歌を歌ったり、『銀魂』のイベントに出たり、実写でもマダオを演じたり……。マダオ役は立木さんしか考えられません」といった意見が届いています。

今年は『銀魂 THE FINAL』が公開されたことや、実写版でもマダオ役を演じたことが票を集めた理由となっています。

第2位
2位は『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ。支持率は約7パーセントで、2年連続の2位となっています。
「『シン・エヴァ』で彼が語った言葉に共感して感動の涙を流すことになるとは……。立木さんを語る上で欠かせないキャラクターです」や「テレビ版から最新作までの25年の間に貫禄と迫力が増した演技が見られてとても良かったです」と『シン・エヴァンゲリオン劇場版』での姿が印象的だったとの声が。「ネルフ停電時に使徒が襲来した際、職員と一緒に自分も作業するところが理想の上司過ぎる」とテレビシリーズでのシーンに触れた読者もいました。

第3位
3位は『BLEACH』の更木剣八。支持率は約6パーセントで、こちらも2年連続の3位です。
「もともと原作ファンで剣八が好きでしたが、アニメで立木さんの声を聞いた瞬間、更木剣八というキャラクターが完成した気がしました」や「渋くてカッコイイ声がぴったりだから」といったコメントが寄せられており、戦うキャラも上位にランクインしました。

■そのほかのコメントを紹介!!
『ワンピース』赤犬には「見た目だけでも強さを感じるのに、立木さんの声でより強さが増していて、有無を言わせない威厳がある」。
『恋する天使アンジェリーク』ヴィクトールには「立木さんを初めて知った作品。独特の低音とキャラクターの硬派な感じがマッチしていて、思わず一目惚れしたのを覚えています」。



『名探偵コナン』ウォッカには「黒ずくめの組織でジンの右腕的存在のわりには、ちょっと抜けたところがあって可愛い」。
『トーキング・ヘッド』半田原には「主演の千葉繁さんとの掛け合いが強烈でした」と押井守監督の実写映画の登場人物にも投票がありました。

2021年版ではトップ3は変わらず。とくに『銀魂』と『エヴァ』は今年最新作が公開されたということで、多くのコメントが集まる結果となっています。

■ランキングトップ5
[立木文彦さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2021年版]
1位 長谷川泰三(マダオ) 『銀魂』
2位 碇ゲンドウ 『新世紀エヴァンゲリオン』
3位 更木剣八 『BLEACH』
4位 ウォッカ 『名探偵コナン』
5位 ガイアメモリ 『仮面ライダーW』

(回答期間:2021年4月14日〜4月21日)


※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。

■ランキングトップ10
[立木文彦さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2021年版]
1位 長谷川泰三(マダオ) 『銀魂』
2位 碇ゲンドウ 『新世紀エヴァンゲリオン』
3位 更木剣八 『BLEACH』
4位 ウォッカ 『名探偵コナン』
5位 ガイアメモリ 『仮面ライダーW』
6位 ヴィクトール 『恋する天使アンジェリーク』
6位 大谷吉継 『戦国BASARA』
8位 赤犬(サカズキ) 『ワンピース』
9位 齋藤孝司 『アイドルマスター SideM』
9位 クラトス・アウリオン 『テイルズ オブ シンフォニア』

(回答期間:2021年4月14日〜4月21日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。