浪川大輔が館長を務める新感覚朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM(通称:リーミュ)」の第3弾「デッドロックド・ディティクティヴズ〜百万探偵都市の史上最悪密室〜」が開催。2021年5月16日の公演2日目には、江口拓也・安元洋貴・八代拓・榎木淳弥が出演し、異能探偵4人のオリジナル脱出劇を披露した。
またイベントでは、浪川大輔・下野紘・岡本信彦・松岡禎丞・内田雄馬が出演する第4弾「池袋ナイトアウルテールズ2」の開催も発表された。



「デッドロックド・ディティクティヴズ〜百万探偵都市の史上最悪密室〜」は、観客のアンケートの選択によって物語の展開が決まる新感覚の朗読劇だ。
舞台は、主人公・シゲムラを演じる江口拓也が、出口のない球体を再現したセットに、探偵らしいスーツ姿で登場することから幕を開けた。
同じく球体に閉じ込められている、中年探偵モチダ・安元洋貴、荒っぽい探偵ヒノ・八代拓、実力のある探偵ナガレ・榎木淳弥の4人で、脱出するために様々な考察を繰り広げていく。



脱出方法を模索する中、シゲムラの行動がアンケートで選ばれ、江口は“全力のシモネタ”でボケることに。その様子を見た安元が、江口にシモネタを再要求するなど軽快なやり取りで笑いを誘った。

また、それぞれの探偵が持つ異能力「探偵スキル」を説明する中で、名前を名乗ると爆発が起きるヒノの能力に、安元は過剰な演技で反応。そんな安元に、思わず八代が吹き出す一コマも。
そんな中、榎木演じるナガレは、まともな考察ができないシゲムラとヒノに対し、冷静に淡々と毒舌を吐き続け、客席から笑い声が上がった。



そして、モチダはヒノの探偵スキルから、ヒノが巷で爆発魔と恐れられている“レッドマウス”だと疑いをかける。モチダが自身の探偵スキルでピストルを取り出して、ヒノに銃口を向けたところで物語を大きく左右する選択肢が……。

物語は視聴者の選択の結果、安元演じるモチダが死亡してしまう衝撃の展開となった。
その後、因縁の決着をつけるため決闘するヒノとナガレに対し、シゲムラのとる行動が客席の選択に託され、物語は意外な結末を迎えた。



本編終了後、本公演の館長を務める浪川大輔がサプライズで登場。予想外の登場に客席からは大きな拍手が起こった。アフタートークで公演の感想を聞かれた安元は、「皆さんの活力になるようなエンタメを届けられればと思います」と熱い想いを伝え、江口もお客様への感謝ととともに、「ドシモネタの選択ルートを選んだ皆さんを覚えておきます!!」と笑いを交えながらコメントした。

そして、浪川大輔より第4弾である「池袋ナイトアウルテールズ2」の開催が発表された。2021年7月24日、7月25日に実施され、シリーズ2作目となる本公演には浪川大輔に加え、下野紘・岡本信彦・松岡禎丞・内田雄馬の出演が明かされた。会場はこのニュースにより喜びの拍手に包まれて、本公演は幕を閉じた。