『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のBlu-ray&DVDが6月16日に発売され、その発売記念スペシャルトークイベントが7月3日に東京のTOHOシネマズ日比谷にて行われた。会場には、主人公・竈門炭治郎役を務める花江夏樹が登壇した。

花江はまず、Blu-ray/DVDを手にした感想として「限定版BOXの手触りが和紙っぽくていいですね」とコメント。また特典のオーディオコメンタリーについて「実は当初はブロックごとにキャストを変更して収録予定でしたが、皆の熱が高くて、結局最初から最後まで全員で収録したんです」との収録秘話を明かす。


来場者から寄せられた質問に答える“答えて、花江さん!”のコーナーでは、特に思い入れのあるシーンを聞かれ「炭治郎としては、家族を思う優しさがすごく出ているシーンにグッときました。また、最後に猗窩座に向かって叫ぶシーンは感情を優先して演じたので、自分でもどんな音の響きになっているかなどを考えずに叫んだため印象に残っています」と答える。

『無限列車編』は、映画館での鑑賞を含め5回観たそうで、お気に入りのグッズについて聞かれると「魘夢や猗窩座といった鬼のグッズが出ているのも嬉しい。自宅にはフィギュアを飾っているのですが、最近スペースが足りなくなってきていて、置く場所を増やさなければという嬉しい悩みが出てきています」とも語った。

さらに、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』にまつわる来場者の思い出やエピソードを紹介する“私と鬼滅の刃 リターンズ”のコーナーでは、「母娘三代で作品を楽しんでいる」というメッセージに「僕の奥さんのお母様も作品を観てくださっていて、共通の話題ができて嬉しい。最近の悩みは、もうすぐ1歳になる娘に、いつから「鬼滅の刃」を観せたらいいのか…ぬいぐるみから見せようかな」とコメント。「将来の目標ができた」という高校生からのメッセージを受け、「努力は日々の積み重ねなので、少しずつでも前に進んでください」とエールを送る場面もあった。

イベントの後半には、初お披露目となった炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助のきぐるみが登場し、「かわいい!家に全員置いておきたい」と笑顔を見せた花江。最後は「『遊郭編』に向けて、煉獄さんから受け継いだものを出し切って頑張っていきます」と語り、スペシャルトークイベントの幕が閉じられた。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
Blu-ray&DVD 発売中!

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable