映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』より、『神風怪盗ジャンヌ』や現在連載中の『31☆アイドリーム』で知られるマンガ家・種村有菜が手がけた剣心と巴のイラストが公開された。少女マンガの世界のような、ふたりの美しく切ないラブストーリーを表現したもので、種村からはコメントも到着した。

種村が描き下ろしたのは、まるで少女マンガの美しい世界から出てきたような、佐藤健演じる人斬り抜刀斎・緋村剣心と、有村架純演じるその妻・雪代巴が寄り添う姿のイラストだ。剣心の刀にそっと手を添える巴の手は、未来のために刀を振るう剣心の心に優しく寄り添っているかのよう。

このイラストについて、種村は「原作でも印象深い抜刀斎の睡眠シーンが、映画でも剣心の心の動きとして描かれていたのでとても心に残り、イメージとして描かせていただきました」と語っており、まるで“夢”のような淡く儚い時間を過ごしたふたりの、切なくも美しい物語が伝わってくる。



『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は映画『るろうに剣心』シリーズの完結作にして、すべての戦いの始まりの物語を描いた作品だ。アクションシーンもさることながら、剣心と巴の濃密なドラマが丁寧に描かれていることでも、大きく注目されている。

種村は、本編については「殺意剥き出しの抜刀斎の迫力に息が止まるほど見惚れ、心が冷たくなったところに現れる巴さんはその名の通り雪代(雪解け水)のような人で…」とコメントを寄せている。



また、時代に翻弄され続けながらもなおお互いを愛しぬいた力強いふたりの愛、切なくも美しい最期が描かれる本作を「静かに進む二人の物語はとても美しく、儚いものでした」と表現。描き下ろされたビジュアルも、そんな美しさと儚さがあふれ出るものとなった。

剣心の原点が明かされる『るろうに剣心』シリーズの全ての始まりであり、剣心と巴の究極の愛を描く、誰も観たことのない切なすぎるラブストーリーが展開する『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。剣心の最後の戦いを描く『るろうに剣心 最終章 The Final』とあわせて、劇場で何度でも楽しみたい。

<以下、コメント全文掲載>
【種村有菜】
殺意剥き出しの抜刀斎の迫力に息が止まるほど見惚れ、心が冷たくなったところに現れる巴さんはその名の通り雪代(雪解け水)のような人で…静かに進む二人の物語はとても美しく、儚いものでした。
原作でも印象深い抜刀斎の睡眠シーンが、映画でも剣心の心の動きとして描かれていたのでとても心に残り、イメージとして描かせていただきました。


『るろうに剣心 最終章 The Beginning』
佐藤 健 有村架純
高橋一生 村上虹郎 安藤政信
北村一輝 江口洋介
原作:和月伸宏「るろうに剣心−明治剣客浪漫譚−」(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督/脚本:大友啓史 音楽:佐藤直紀 主題歌:ONE OK ROCK “Broken Heart of Gold”製作:映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
制作プロダクション/配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)和月伸宏/ 集英社(C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会