『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』(2021年8月6日ロードショー)より、追加劇場版オリジナルキャラクター6名の情報が一挙公開。声優には伊瀬茉莉也、榎木淳弥、梅原裕一郎、坂田将吾、本名陽子、野島裕史らが名を連ねている。


『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』は、2018年夏に公開された『僕のヒーローアカデミア 2人の英雄(ヒーロー)』、2019年冬公開の『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』に続く、劇場版第3作目だ。
“個性”が人類史を終焉に導くとする思想≪個性終末論≫を掲げ、世界中の“個性”保持者の殲滅を目論む謎の集団・ヒューマライズの仕掛けた『ヒロアカ』史上最大の危機を前に、世界の、そしてヒーローの未来を託されたデク達の活躍を描く。

すでに、劇場版オリジナルキャラクターのロディ・ソウル役として吉沢亮、敵<ヴィラン>フレクト・ターン役として中井和哉、ピノ役として林原めぐみらの出演が発表されていたが、今回新たに6名のオリジナルキャラ&キャストが発表に。

ヒューマライズの傭兵敵<ヴィラン>であるベロス役を伊瀬茉莉也、サーペンターズ役を榎木淳弥、シデロ役を梅原裕一郎、レヴィアタン役を坂田将吾。<オセオン>のプロヒーローであるクレア・ボヤンス役を本名陽子。ヒューマライズの研究者であるアラン・ケイ役を野島裕史が演じることとなった。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』は、8月6日ロードショー。

キャラクター紹介
ベロス/CV:伊瀬茉莉也

ヒューマライズの傭兵敵<ヴィラン>。フレクトに忠実。
手が弓に変形し、射た物を自在に操る“個性”の持ち主。

サーペンターズ/CV:榎木淳弥

ヒューマライズ団員の双子敵<ヴィラン>。
見た目は瓜二つで、複数の蛇腹剣を作り出す“個性”も同じ。

シデロ/CV:梅原裕一郎

ヒューマライズの傭兵敵<ヴィラン>。
“個性”で手から鉄球を作り出し、弾き飛ばして戦う。

レヴィアタン/CV:坂田将吾

ヒューマライズ団員の敵<ヴィラン>。
“個性”で強力なねじれた水流を作り出す。巨躯から繰り出すパワーは圧倒的。

クレア・ボヤンス/CV:本名陽子

<オセオン>のプロヒーロー。エンデヴァーたちとヒューマライズ関連の調査に当たる。索敵や捜索に優れた“個性”「透視(ボヤンス)」を持つ。

アラン・ケイ/CV:野島裕史

ヒューマライズの研究者。
<個性因子誘発爆弾(イディオトリガーボム)>開発に関与。

(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社