『劇場版 呪術廻戦 0』(2021年12月24日公開)より、「東京都立呪術高等専門学校」で1年生だった頃の禪院真希、狗巻棘、パンダの姿を描いた設定画が公開された。



TVアニメ『呪術廻戦』の原作は、集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の芥見下々による同名コミック。2018年3月から連載が開始され、人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描き、既刊16巻にしてシリーズ累計発行部数は5,000万部を突破している。
2021年12月24日より公開される本作初の劇場版では、『呪術廻戦』の前日譚、『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』(通称“0巻”)が映画化される。



今回公開されたのは、TVアニメシリーズでは「東京都立呪術高等専門学校」の頼れる2年生として登場し、映画では途中編入してくる乙骨憂太の同級生となる、1年生の頃の禪院真希、狗巻棘、パンダの3人の設定画だ。



禪院真希は、TVアニメシリーズとはヘアスタイルや制服に加え、トレードマークとなっている眼鏡が変化している。



狗巻棘は、原作『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』からもヘアスタイルが大きく変化。乙骨憂太に続き、原作者・芥見下々からの希望を反映して、アニメスタッフが今回のビジュアルを仕上げた。



パンダは、ビジュアルの変化は無いものの、相変わらず絶大なインパクトで魅力的な存在感を発揮している。

『劇場版 呪術廻戦 0』は、2021年12月24日より、全国ロードショー。

『劇場版 呪術廻戦 0』
公開日:2021年12月24日(金)
原作:「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」芥見下々(集英社 ジャンプ コミックス刊)
制作:MAPPA
配給:東宝

(C)2021 「劇場版 呪術廻戦0」製作委員会(C)芥見下々/集英社