コスプレイヤーのえなこが雑誌「フォトテクニックデジタル2021年8月号」に登場。最終号となる同誌の両面表紙や誌面で、ウエディングドレスを思わせる純白ドレスや水着で飾っている。



「フォトテクニックデジタル」は、2005年創刊の隔月刊「デジタル・フォトテクニック」を母体として、2008年1月に月刊誌として創刊。今回の2021年8月号で、16年半の歴史に終止符を打つこととなった。

同誌の常連であるえなこの初登場は2017年2月号。今回は、2021年5月号の伊織もえ&篠崎こころとの3人での出演を含め、4回目の表紙登場となる。
今号での衣装は、ウエディングドレス風の純白ドレス、水着、私服風の可憐なワンピースの3パターン。撮影は写真集や雑誌グラビアを数多く手がける根本好伸だ。



また、えなこはインタビューで「最終号の表紙を飾るという大役が私でいいのかなとびっくりしましたが、“カギ閉め”をさせてもらえることは嬉しかったです。もしフォトテクが復刊したら、“カギ開け”も任せてください!」と語っている。

そのほか、同号の人気企画「ポートレート撮影のQ&A」では、人気コスプレイヤーやタレントが数多く所属する芸能事務所「コプルト」から、火将ロシエル、くろねこ、くりえみ、宮崎あみさ、ひのきお、赤羽もも、西山野園美ら7名が集結。撮影と解説は吉田裕之が担当した。



「フォトテクニックデジタル2021年8月号」は、1,100円(税別)で現在発売中。
「アニメイト」「HMV&BOOKS online」「ゲーマーズ」「書泉(グランデ・ブックタワー)」「セブンネット」「とらのあな」「メロンブックス」「ヨドバシカメラ」で購入すると、それぞれ絵柄の異なるフォトカード特典(数量限定)が付いてくる。

<以下、えなこインタビューより抜粋>

――今回の撮影はいかがでしたか?
実は今回の撮影、 なにげに初挑戦のものがたくさんありまして。ウエディングっぽいテーマで、ロリータ衣装を着させていただいたりとか。ロリータ衣装を着る機会ってなかなかないんですけど、私自身すごく好きなので、嬉しかったですね。ツインテールにして、ブリブリにかわいく撮っていただけました(笑)。あと、お花をたくさん詰めた湯船の中に入る、っていうシチュエーションって、あこがれだったんですよ!しかも今回はすごいきれいな生花をたくさんご用意していただいて…。私の中の夢の一つがかなった瞬間でした(笑)



――えなこさんは自粛中はどうやってリラックスしていますか?
最近は、動物の写真や動画をたくさん見たりしてます! 珍しい動物をとことん調べて、1時間ぐらいある動画を発掘して一人でずっと見てたりとか(笑)。そういう動画って、特に何があるわけでもなく、その動物がただ生活している状態を映してるだけなんですけど、そういうのがすごく好きで、 じ〜っと見てます。