『金田一少年の事件簿』『BLOODY MONDAY』『神の雫』などで知られる原作者・樹林伸と「Netflix」の初タッグによる完全新作アニメが制作決定。あわせて、タイトルが『レディ・ナポレオン』であることと、制作スタッフの情報も明かされた。

『レディ・ナポレオン』は、かの皇帝ナポレオンの末裔・ソフィ率いる組織「レディ・ナポレオン」が世界制覇を目指して闘うアクションファンタジー。かつてナポレオンが所有したという“三種の神器”を求めて、ソフィ、執事兼何でも屋・バトラー、武術の達人・ガイとともに世界を駆け巡る。
樹林は2020年2月に「Netflix」と新規企画を開発するためのパートナーシップを結んでおり、初の作品として本原作を書き下ろした。

今回、開発途中のキャラクターアートとスタッフ情報も発表。
監督は『コードギアス 反逆のルルーシュ』で演出を務めた秋田谷典昭、「Netfilx」アニメシリーズ『天空侵犯』を手掛けたスタジオゼロジーがアニメーション制作を担当する。現時点ではキャストや配信時期などは未発表。続報を待ちたい。

<スタッフ>
原作:樹林 伸(「金田一少年の事件簿」、「BLOODY MONDAY」、「神の雫」)
監督:秋田谷 典昭(「コードギアス 反逆のルルーシュ」(演出)、「バクマン」)
制作:ゼロジー(「天空侵犯」、「ぐらんぶる」、「バッテリー」)

<配信> Netflixにて全世界配信(全13話予定)