『世界名作劇場』シリーズの『ロミオの青い空』が、舞台化決定。新作ミュージカルとして、東京建物 Brillia HALLにて、2022年3月30日から4月3日の期間上演される。



『ロミオの青い空』は、1995年に放送された日本アニメーション制作による『世界名作劇場』シリーズのTVアニメ。19世紀後半・イタリアのミラノを舞台に、家族を助けるため煙突掃除夫になった少年ロミオと、彼の仲間たちがたくましく生きる姿を描いている。

この度、『ロミオの青い空』のミュージカル化が決定した。本公演の演出は、『Messiah メサイア』シリーズでは演出を手掛け、ミュージカル『憂国のモリアーティ』シリーズでは演出に加え脚本も担当した西森英行、脚本は数々の2.5次元舞台で脚本・演出を手掛ける鄭光誠(ヴァカーエンターテインメント)、音楽はハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』シリーズや舞台『鬼滅の刃』シリーズなど、舞台を中心に活動しつつ、アーティストへの楽曲提供なども行う和田俊輔がそれぞれ担当する。
またミュージカル化にあたり、出演キャストのオーディションも実施される予定だ。オーディションの詳細については公式サイトを確認しよう。

ミュージカル『ロミオの青い空』は、2022年3月30日から4月3日までの期間、東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて開催。

■ミュージカル「ロミオの青い空」
【公演日程】2022年3月30日(水)〜4月3日(日)
【会場】東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
【出演】後日発表
【チケット価格】後日発表
【チケット販売情報】後日発表
【スタッフ】
監修:日本アニメーション/原作:リザ・テツナー(『黒い兄弟』より)
演出:西森英行
脚本:鄭光誠(ヴァカーエンターテインメント)
音楽:和田俊輔
【企画・制作】 ミュージカル「ロミオの青い空」製作委員会
(ムービック/サンライズプロモーション東京/Planet Kids Entertainment)

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.(C)Romisora Musical2022」