『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の公開記念第2弾舞台挨拶が、2021年9月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催。原作・製作総指揮の許斐剛とともに、ミュージカル『テニスの王子様』(通称:テニミュ)の歴代、そして現役の越前リョーマ役が大集合し、史上初の“全員リョーマ!”登壇が実現した。

『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は、『テニスの王子様』と『新テニスの王子様』を繋ぐ空白の3か月を描く、初の劇場版3DCGアニメーション作品だ。
全国大会決勝の死闘を制し、単身アメリカへ武者修行の旅に出た越前リョーマは、“とあるきっかけ”で歪んだ時空から、若き越前南次郎が“サムライ”と呼ばれ活躍している時代にたどり着いて……。

公開記念第2弾舞台挨拶では、許斐と共に、『テニミュ』初代リョーマ役の柳浩太郎、4代目リョーマ役の阪本奨悟、5代目リョーマ役の高橋龍輝、6代目・7代目リョーマ役の小越勇輝、8代目リョーマ役の古田一紀、9代目・10代目リョーマ役の阿久津仁愛、現リョーマ役の今牧輝琉。そしてMCとして、初代不二周助役でありリョーマ役の代役も務めたKIMERUが登壇。
許斐はKIMERUさん含む8人の“リョーマ”を前に「奇跡が起こった」と感慨深い様子で、KIMERUも「僕も同窓会気分です」と同じ思いを重ねる。
登壇者が一言ずつ挨拶する中、来場が叶わなかった2代目リョーマ役の遠藤雄弥、3代目リョーマ役の桜田通からのコメントがKIMERUにより代読されると、会場からは大きな拍手が起こる場面も。



イベントでは“全員リョーマ”ということで当時の写真がスクリーンに映し出されると、古田の「各々顔は似ていないのに、リョーマに見える」とのコメントに、一同が頷く。
リョーマを演じる上で意識していたことを問うと、阪本は「前髪を意識していました」と語り、小越やほかのキャストも賛同。キャップがトレードマークということもあり、キャップからのぞく前髪にこだわりがあったとのことだ。

また小越は「内に燃える青い炎をたぎらせていた記憶もありますね」と続け、阿久津は「リョーマの運動量が多いので、いかに息が上がらずにクールにできるかを考えていました」と明かし、今牧は「地声が低いので、声を高く演じようと思っていました」と、それぞれのに意識した点が明かされていく。
初代リョーマ役の柳は、何事にも動じないクールな姿が印象的なリョーマを意識したとのことで、「笑わないようにクールなリョーマを演じようと思っていました」と振り返り、その言葉に許斐は「柳くんが頑張ってくれたから、今のリョーマがあると思うよ」と、18年続く『テニミュ』への想いを口にした。

加えて全員から、今回の映画『リョーマ!』のお気に入りのシーンを尋ねると高橋は、リョーマと桜乃との教会シーンを挙げ「あのシーンを観た時、もう一度テニミュをやりたいと思いました!」とコメント。
各々お気に入りシーンを披露する中、KIMERUは「僕も代役としてリョーマを演じさせていただきましたが、南次郎とのシーンは、当時を思い出してジーンときました」と語り、歴代リョーマを演じた全員が、南次郎とリョーマが対峙するシーンはグッとくる思いだったよう。

そしてイベントの最後は、許斐が「こんなに多くのリョーマが揃うなんて……」と、改めてこの場が奇跡であると感じ入る様子で、「この場に来てくれた8人と劇場に足を運んでくれるみなさんに感謝します。これからも『リョーマ!』をよろしくお願いいたします」と、万感の思いと共に締めくくった。

『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は、現在公開中。

イベント:『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』公開記念第二弾舞台挨拶 全員リョーマ!
日時:9月11日(土)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇者:許斐 剛(原作・製作総指揮)、柳 浩太郎(初代リョーマ役)、阪本奨悟(4代目リョーマ役)、高橋龍輝(5代目リョーマ役)、
小越勇輝(6代目・7代目リョーマ役)、古田一紀(8代目リョーマ役)、阿久津仁愛(9代目・10代目リョーマ役)、今牧輝琉(現リョーマ役) ※敬称略
MC:KIMERU(初代不二役・初代リョーマ代役)

(C)許斐 剛/集英社(C)新生劇場版テニスの王子様製作委員会
(C)許斐剛 TK WORKS/集英社・テレビ東京・NAS (C)許斐剛/集英社・マーベラス音楽出版・ネルケプランニング・ADK
(C)許斐剛 TK WORKS/集英社・テレビ東京・NAS(C)©許斐剛/集英社・マーベラス音楽出版・ネルケプランニング
(C)許斐 剛/集英社・NAS・テニスの王子様プロジェクト(C)許斐 剛/集英社・マーベラスエンターテイメント・ネルケプランニング
(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト(C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会
(C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会