『機動戦士ガンダム』より、2022年にガンダムシリーズの新作3作品が公開決定。TVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』、TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(特別編)が、それぞれ公開される。



サンライズは、40年以上に渡るガンダムシリーズのさらなる発展を目指して、2022年よりガンダムシリーズの新作、3作品の映像展開を発表した。
TVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が、2022年に放送される予定だ。本作は、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の放送から、7年ぶりとなるTVアニメーションの最新作となる。
また、映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』を2022年に公開する。TVアニメ『機動戦士ガンダム』の1エピソードとして描かれた「ククルス・ドアンの島」を元に、安彦良和監督が描く劇場作品だ。



さらに、スマートフォン向けアプリケーション『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ G』の配信時期に合わせて、2015年に放送されたTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の特別編(全9回)を、2022年春よりテレビ放送する。番組内では、同TVシリーズのスタッフが再集結して手掛ける新作、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』の一部も放送する予定。
その他、各作品の放送日時などの詳細については、続報を待ちたい。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS