声優の下野紘と内田真礼がMCを務める『声優と夜あそび 火【下野紘×内田真礼】#21』が「ABEMA(アベマ)」の「アニメLIVEチャンネル」にて、2021年9月14日22時から放送された。



放送では、9月14日の“食いしん坊の日”にちなみ、食にまつわる特別コーナーを次々と実施。2つの選択肢からカロリーが高い方を当てるクイズ「ハイカロリーなのはどっち!?」や“食”をテーマにした思い出を語る「思い出の飯トーク」、NGワードを避けながら食レポを行う「食レポチャレンジ」などのコーナーを行った。

■下野紘&内田真礼の“小学生の頃一番好きだった給食”とは?



9月14日“食いしん坊の日”に合わせ、下野と内田が「いただきまーす!」とハンバーグを頬張りながらスタートした本放送。「食いしん坊なら、食にまつわる思い出は絶対!」ということで、番組内で「思い出の飯トーク」を実施した。

高校生の時の放課後グルメなどのトークで盛り上がるなか、“小学生の頃一番好きだった給食”というテーマがあげられると、内田は「でも結果的に揚げパン!」と答え、「揚げパンのレア度高いんです。特別食みたいな日があって、その日はミルメークとかメロンも出てきて“わぁぁぁ”って喜んで食べたような」と定番の揚げパンとの思い出を語った。
下野は、「小学校4年生の時かな、先生が味しおを持っていて、余ったご飯をおにぎりにしてくれて。それをクラス争奪戦っていうね」「あの塩おにぎりが給食の中で一番、“これ食いてぇ〜”って思ったやつかも」と先生との温かい思い出を語り、内田はほっこりした表情で「すごくいい!」「先生作ってくれるんだ〜」と頷いた。



また2人は、小学生ならではの、給食でのじゃんけん大会の話でも盛り上がり、「じゃんけんしてまで食べたいって気持ち最近ないですもんね」「(給食のとき)必死だったね」と懐かしんだ。さらに「深夜に食べたくなる背徳飯」というテーマでは、「これはカップラーメン一択!」「ポテチもね。パーティ開けしちゃう」「あと、呑んだ後の牛丼!」と、ついつい手を伸ばしてしまう深夜グルメを明かした2人。

■下野紘&内田真礼のクセ強(!)な食レポにツッコミ続出

そして番組の後半では、「食レポチャレンジ」を実施。隠された3つのNGワードを言わないよう、食レポを行うというこのコーナー。まずは、内田がオムライスの食レポに挑戦した。「みんなが思い描いているオムライスと同じ味ですね〜。なので、わかるでしょ?味」「たまごがいい感じに真っ直ぐなんですね〜」「“俺はオムライスだ”って主張してくる感じ」など、内田による独特な食レポに、下野はお腹を抱えながら「俺すごい好きだわこの食レポ」と大爆笑。「幸せ・みんな好き・優勝」とつい言ってしまいそうなNGワードも、無意識に回避し見事成功する。

続いて下野がエビチリに挑戦。「一見こってりしてそうなんですけど優しい味です」と食レポはしつつも、「箸を入れるかと思いきや私」「水を飲んでる私いかがですか?」と自分をカメラにアピールする下野。サービスショット多めな食レポに内田は、「主張が強いよ!」「ファンクラブ動画かな」とツッコんだ。結果、NGワードは回避したものの、エビチリ以上に目立ってしまった下野は、「アウト怖いじゃん!安易に美味しいとか言いたくなかったのよ」と弁解した。



その後も、シュークリームやカレーパンの食レポに挑戦した2人。内田がギャル風に食レポをしたり、下野がまたもやファンサービス豊富な食レポをしたりと、個性的なレポートでコーナーを楽しんだ。

▼「ABEMAプレミアム」限定!アフタートークなど、限定映像が見られる『声優と夜あそび プレミアム【下野紘×内田真礼】#21』も配信
※「ABEMAプレミアム」は月額960円で、「ABEMA」をより一層お楽しみいただけるプレミアムなプランです。

(C)AbemaTV,Inc.