TVアニメ『天官賜福(てんかんしふく)』より、9月19日(日)から放送の第12話(最終話)「花香る夜語り」のあらすじ・先行場面カットが公開された。



『天官賜福』は、中国のWEB小説を原作とする、架空の古代中国が舞台のファンタジーアニメだ。2020年10月より、中国のbilibili動画にて配信が開始され、総再生回数は3億回を突破。美しくミステリアスな世界を舞台に繰り広げられる緻密なストーリーと、魅力的なキャラクターがアジアを中心に広く話題を呼んでいる。



第12話のタイトルは「花香る夜語り」。
菩薺観に戻ってきた謝憐と三郎。二人で天界や鬼界の話に花を咲かせる。すると壺に収めていた半月が目を覚まし、外の星空を見つめる。半月は裴宿の行く末を心配し、半月国の城門を開けてからのやりきれない気持ちを吐露する。



慰めようとする謝憐に半月は、昔、花将軍が語っていた若い頃の夢を口にする。それを聞いた謝憐は若き日の自分の言葉に気恥ずかしくなり、かつてある人物にもバカげた言葉をかけたことを三郎に伝えるのだった。


TVアニメ『天官賜福(てんかんしふく)』第12話(最終話)「花香る夜語り」は、2021年9月19日(日)より、TOKYO MX・BS11にて放送開始。

■放送・配信情報
※アニメ『天官賜福』はTV放送版とオリジナル版で本編尺が異なります。
●放送
<日本語吹替版>
TOKYO MX(放送版):2021年7月4日(日)より、毎週日曜21:30〜
BS11(放送版):2021年7月4日(日)より、毎週日曜22:30〜
<日本語字幕版>
「ホームドラマチャンネル」:2021年7月2日より、毎週金曜深夜2:30〜
●配信
Amazonプライム・ビデオ:7月4日より、毎週日曜22:30〜
ABEMA(放送版):7月4日より、毎週日曜21:30〜
ABEMA(オリジナル版):7月7日より、毎週水曜12:00〜
dアニメストア:7月7日より、毎週水曜12:00〜
※その他、配信サイトにて配信中

■メインスタッフ
原作:墨香銅臭(モーシャントンシウ)
監督:李豪凌(リー・ハオリン)
シリーズ構成・脚本:春日幽鈴(チュンリーヨウリン)
総演出監督:オム・ユジョン
キャラクターデザイン・総作画監督:イ・サンミ
サブキャラクターデザイン:キム・ミジン、パク・ミンジョン、ユ・ミンジ、ホン・インス
撮影監督:武山篤
3DCG監督:顧晶
音楽:楊秉音(ヤン・ビンイン)
アニメーション制作:絵夢動画
日本版制作:株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ、株式会社アニプレックス日本版オープニング&エンディングテーマ:
オープニングテーマ:シド「慈雨のくちづけ」(Ki/oon Music)
エンディングテーマ:雨宮天「フリイジア」(MusicRay’n)

■メインキャスト
謝憐(シエ・リェン):神谷浩史
三郎(サンラン):福山潤
霊文(リンウェン):日笠陽子
南風(ナンフォン):古川慎
扶揺(フーヤオ):小林千晃
裴茗(ペイ・ミン):諏訪部順一
裴宿(ペイ・シュウ):増田俊樹
半月(バンユエ):花澤香菜

(C)bilibili