『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の大ヒット御礼舞台挨拶が、9月18日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。

会場には原作・製作総指揮の許斐剛、越前リョーマ役の皆川純子に加えて、今回が初参加となる越前南次郎役の松山鷹志、竜崎桜乃役の高橋美佳子、ブー役の武内駿輔、フー役の竹内良太が登壇。MCの公式応援団・四千頭身が声優陣の前で劇中のラップバトルを再現し、会場を大いに沸かせる一幕もあった。

松山は本作で描かれる若かりし南次郎について、「若い南次郎の声なので、私ではないかな……とちょっと思っておりましたが、大丈夫かなと」と当初は不安に感じていたことを明かすも、許斐からのお墨付きがあったそうで「“南次郎は、松山さんしかない”と言ってくれて……。どうもありがとう!!という気持ちです」と、満面の笑みで語る。

一方、リョーマとの関係がクローズアップされた桜乃について、高橋は「(リョーマと桜乃は)とってもお似合いだと思ました。リョーマ君とのシーンをたくさん作っていただけて感謝しています」とお礼を述べる。松山と高橋の話を聞いて、皆川は「忘れがちではあるのですが、リョーマは中学生なんですよね。本作は、リョーマが等身大の男の子なんだなということを実感できました」と、南次郎や桜乃との関係性で感じることができたと話した。

武内と竹内は、本作が『テニプリ』初参戦となった。その感想を尋ねられると、武内は「僕が小さい頃から放送していた作品ですので、嬉しさもあり、自分が大人になった今でも現役で続いている作品の熱量にどう応えていこう……と思っていたのですが、そもそも(テニスギャングという)設定が強かった(笑)」とコメント。竹内は「テニスギャングというパワーワードとラップと『テニプリ』に出演できるということに、すごく嬉しい気持ちになったのを覚えています」と口にする。

ここで、その武内演じるブーと竹内演じるフーの兄貴的存在のウルフ役を務めた、杉田智和からのVTRが映し出された。杉田は「今日はそちらに行けずにすみません」と謝罪しつつ、「こう言いながら、喋っているうちに“急に行きたくなったのでこの後行きますね!”って後ろから出てくるということは、まずありません。なので、僕のことは気にせずイベントを進めてください」とお茶目なコメントを寄せる。

また杉田は、ウルフの役作りについて「まずはラップから入りました。その(ラップの)中にキャラのセリフもあるので、そこで固めていきました。映画を観るとわかるのですが、ウルフはただの荒くれ者ではないです。このポスターを見ていただくとわかるのですが、目の奥が優しいんです。それを隠すためにサングラスをかけているのかなと思ったり……」とコメントし、“目の奥”が注目ポイントだと呼びかけた。

そしてイベント中盤には、MCを担当する四千頭身・後藤拓実より「ラップがやりたいです」と驚きの発言が飛び出した。後藤いわく「ウルフ×ブー×フーとリョーマのラップバトルが1番好きなシーン」とのことで、そのシーンを四千頭身で再現するので、と武内と竹内に採点を依頼する。

皆川による「ふーん、なんなら3人でかかってきたら? 俺がテニスを教えてやるよ」というリョーマの劇中の台詞を合図にラップバトルが再現され、会場からは大きな拍手が響いたが、武内と竹内の判定はなんと100点満点中の2点。厳しい判定となった。

最後には、許斐が「『テニプリ』に携わってくれた人の思いをすべてのせた映画になったと思います。この映画を観て、ものすごく笑って、ものすごく泣いて、最高の気分で劇場を後にしてくれたら嬉しいです」と、ファンへ愛があふれるあいさつ。舞台挨拶は大盛況の中で終了を迎えた。

「シング×ダンス×プレイ」の新次元アドベンチャー『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は、現在公開中だ。

『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』大ヒット御礼舞台挨拶
日時:9月18日(土)
場所:TOHO シネマズ六本木ヒルズ
登壇者:許斐 剛(原作・製作総指揮)、皆川純子(越前リョーマ役)、松山鷹志(越前南次郎役)、高橋美佳子(竜崎桜乃役)、武内駿輔(ブー役)、竹内良太(フー役) ※敬称略
MC:四千頭身(公式応援団)

(C)許斐 剛/集英社(C)新生劇場版テニスの王子様製作委員会