日本の7つのアニメスタジオが『スター・ウォーズ』を描く夢のプロジェクト『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が9月22日から、Disney+ (ディズニープラス)で配信開始となります。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、黒澤明監督の映画や、日本の神話や古典などにも影響を受けたとされる『スター・ウォーズ』の世界を、インスピレーションの源となった日本の現代クリエイターによって新たな物語を紡ぐプロジェクト。日本アニメを代表する7つのスタジオがそれぞれ自由な発想で『スター・ウォーズ』の物語を生み出しています。

ここでは、このビッグプロジェクトに参画したスタジオをご紹介。いずれも独自のスタイルを持つ個性的なスタジオばかりで、あなたのお気に入りもきっと見つかるはずです。

【神風動画】
「妥協は死」を社訓とするこだわりのプロ集団で、独特のセルルックシェーディングを用いた、コミックテイストな3DCG作品を得意としています。3DCGによる表現を主体としていますが、それだけにとどまらず、幅広い手法で作品を制作しており、複数の手法を使い分けた『ポプテピピック』を手掛けたことで一躍話題となりました。代表的な作品に『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニングアニメーション、『ニンジャバットマン』など。

『The Duel』
監督:水崎淳平(総監督)
出演:てらそままさき、渡辺明乃、三瓶由布子

【キネマシトラス】
「100年残る、時代が変わっても変わらない価値観が入っているフィルムを産み出す」ことを理念に掲げて2008年に設立され、翌年ボンズとともに『東京マグニチュード8.0』を制作。以降、話題作を次々と手掛けているアニメスタジオです。『メイドインアビス』や『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』、『盾の勇者の成り上がり』など、国内だけでなく海外でも話題となった作品を多数制作しています。

『村の花嫁』/『Village Bride(原題)』
監督:垪和等
出演:瀬戸麻沙美、潘めぐみ、内田雄馬、上川隆也、下山吉光、伊瀬茉莉也

【サイエンスSARU】
『四畳半神話大系』や『マインドゲーム』など、独特のセンスを発揮していた湯浅政明監督が、チェ・ウニョンとともに2013年に設立。『DEVILMAN Crybaby』や『夜明け告げるルーのうた』など国際的にも高い評価の作品を次々と生み出しています。アニメーションならではの伸縮するキャラクターたちを縦横無尽に動かす個性的な作風で多くのファンを持っています。最新作は、『けいおん!』や『聲の形』の山田尚子監督を迎えた『平家物語』と湯浅政明監督による劇場アニメ『犬王』。

『T0-B1』
監督:アベル・ゴンゴラ
出演:野沢雅子、磯部勉

『赤霧』/『Akakiri(原題)』
監督:チェ・ウニョン
出演:宮崎遊、Lynn、チョー、高木渉、野沢由香里

【ジェノスタジオ】
伊藤計劃のSF小説『虐殺器官』の制作をマングローブから引き継ぐために、2015年に設立された新興アニメスタジオ。ハードなアクションやサスペンス、骨太なSF作品と得意とし、『虐殺器官』を劇場アニメとして公開して以降、『ゴールデンカムイ』や『pet』などの過激な描写を含む漫画のアニメ化を手掛けて原作の魅力を損なうことなく映像化し、アニメファンの信頼を勝ち取っています。

『のらうさロップと緋桜お蝶』/『Lop and Ochō(原題)』
監督:五十嵐祐貴
出演:小林星蘭、清水理沙、藤村忠寿、中野泰佑

【スタジオコロリド】
学生時代から高い評価を得てきた石田祐康や、スタジオジブリ出身の新井陽次郎などの若い才能が集まったスタジオ。主に長編映画と短編作品を手掛けていて、そのクオリティの高さには定評があります。『台風のノルダ』や『ペンギン・ハイウェイ』などの映画作品が高い評価を受け、そのセンスからポストジブリの呼び声も高いスタジオです。その他、長編映画『泣きたい私は猫をかぶる』や、『ポケットモンスター』のウェブショートアニメシリーズ『薄明の翼』などを手掛けています。

『タトゥイーン・ラプソディ』/『Tatooine Rhapsody(原題)』
監督:木村拓
出演:吉野裕行、後藤光祐、金田明夫、藤田昌代、勝杏里

【トリガー】
一世風靡したGAINAXの『天元突破グレンラガン』のメインスタッフを中心に、2011年に結成されたアニメスタジオ。独自のビジュアルセンスと色彩感覚、ド派手なアクション描写など、一目でわかる唯一無二の個性を映像に焼き付けるスタジオです。『キルラキル』や『リトルウィッチアカデミア』、『プロメア』などオリジナル作品を手掛けることも多く、国内外のアニメファンから熱く支持されています。

『THE TWINS』
監督:今石洋之
出演:榎木淳弥、白石涼子、川島得愛

『The Elder』
監督: 大塚雅彦
出演:土師孝也、中村悠一、緒方賢一

【プロダクションI.G】
プロデューサーの石川光久氏が80年代後半に設立した「有限会社アイジータツノコ」を前身に、1993年に発足。押井守監督の『機動警察パトレイバー 2 the Movie』や『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などを手掛けて、世界のアニメファンの注目を浴びる存在となったスタジオです。2000年代からはテレビアニメも積極的に手掛け、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『PSYCHO-PASS サイコパス』の骨太なSF作品から『ハイキュー!!』など幅広い作品を手掛け、日本のアニメ産業をリードし続けています。

『九人目のジェダイ』/『The Ninth Jedi(原題)』
監督:神山健治
出演:赤崎千夏、金尾哲夫、三木眞一郎、峯田大夢、中井和哉、大塚明夫、平川大輔

*****

1つのプロジェクトで多数のアニメスタジオが競作するのは大変貴重な試みです。こうして、多数のスタジオが揃うことで、日本アニメの多様さを再確認することができるでしょう。ぜひ、スタジオそれぞれの“良さ”を味わいながら、『スター・ウォーズ:ビジョンズ』を楽しんでみてください。

(C)2021 TM & c Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.