車田正美原作『聖闘士星矢』の実写ハリウッド映画版『Knights of the Zodiac(聖闘士星矢)』が制作、この度撮影が完了したことが明らかになった。主演は、新田真剣佑が務める。

『聖闘士星矢』は1985年より連載が開始され、発行部数3,500万部以上、1986年より数多くのアニメーションシリーズや劇場アニメーション映画として製作され、世界中でヒットした人気作。
『Knights of the Zodiac』では、孤児である主人公の星矢は、幼いころに生き別れた姉を探し続け、神秘に満ちた女性・沙織と出会うことで自らの運命に直面。そして小宇宙(コスモ)と呼ばれる力と、ペガサス聖衣(クロス)と呼ばれる古代ギリシアの鎧をめぐり、壮大なアクションが展開していく。



東映アニメーションにより製作された実写ハリウッド映画版『Knights of the Zodiac(聖闘士星矢)』に出演するのは、星矢演じる新田真剣佑をはじめ、マディソン・アイズマン、ディエゴ・ティノコ、マーク・ダカスコス、ニック・スタール、ファムケ・ヤンセン、ショーン・ビーンら。

監督には、Netflixの『ウィッチャー』や『イン・トゥ・ザ・ナイト』で製作総指揮を務めるトメック・バギンスキーを迎え、脚本はジョッシュ・キャンベル&マット・スタッケンが担当。スタント・コーディネーター兼アクション・コーディネーターにはアンディ・チェンを迎え、日本アニメのアクションとハリウッドアクションの融合に挑む。

撮影はハンガリーとクロアチアで実施。この度、東映アニメーションとソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションは撮影が完了したことを発表。
日本での配給は東映が行い、中国と中東以外はソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションが配給する。

『Knights of the Zodiac(聖闘士星矢)』の公開時期は未定。続報を待ちたい。