Netflixにて2021年9月17日より配信開始した韓国ドラマ『イカゲーム』。9月23日時点で視聴ランキング第2位になるほど注目度が高い本作だが、吹き替え声優として、TVアニメ『呪術廻戦』共演&マーベル作品吹き替え声優としても共通点のある諏訪部順一さん、榎木淳弥さんが出演している。


『イカゲーム』は、原作・制作をファン・ドンヒョク、俳優イ・ジョンジェらが出演するスリリング・サスペンス。イ・ジョンジェ演じるギフンは、大金を求め謎めいたゲームに参加。賞金の456億ウォンをかけ、命懸けのサバイバルに直面するのだった……。
公開以降、大きな反響となり、韓国ドラマでは初めて米国Netflixでランキング1位を獲得。日本国内でも「韓国版カイジ」などと話題を呼んでいる。

吹き替え声優を担当しているのは、榎木淳弥さん、諏訪部順一さんら。彼らの役どころはネタバレになってしまうため、ぜひ作品を鑑賞してチェックしてほしい。



また、榎木さんは『スパイダーマン』シリーズの最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年12月17日US公開予定)でスパイダーマン/ピーター・パーカー役の吹き替えを担当。同じく諏訪部さんもマーベル作品『ヴェノム』の最新作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021年公開予定)吹き替え版に出演する。
ファンの方は『イカゲーム』とあわせてチェックしてみてはいかがだろうか。