『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』の開発・運営チームが手掛ける超人的シェアハウスストーリー『カリスマ』が、2021年9月27日より毎日各キャラクターの宣伝VTRを公開している。今回は“自愛のカリスマ”テラによる宣伝VTRがお披露目に。あわせて、10月4日よりオフィシャルYouTubeチャンネルにてドラマの配信も発表された。



超人的シェアハウスストーリー『カリスマ』プロジェクトは、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』の開発・運営を手がけるEVIL LINE RECORDSと株式会社Dazedが立ち上げる二次元キャラクターコンテンツだ。
株式会社Dazedとアニメ『おそ松さん』『銀魂』などの脚本を手掛ける松原秀が原作、イラストレーター・えびもがキャラクターデザイン。EVIL LINE RECORDSが音楽製作、BALCOLONY.がアートディレクションを担当する。

今回公開された宣伝VTRは、テラが“自愛のカリスマ”らしい表現で『カリスマ』本格始動を告知するもの。本映像内ではキャラクターのセリフが初お披露目となった。


『カリスマ』は10月4日本格始動。
また、YouTubeドラマは10月4日より毎週月曜・木曜に公開予定だ。

【イントロダクション】
ここはカリスマハウス。今日もカリスマな彼らは己の中のカリスマ性を日々見つめている。

が、彼らはまだ『真のカリスマ』には辿り着けていないと言える。故にこうしてカリスマどうしで身を寄せあい、日々カリスマ性を育み、さらなる高みを目指すいわば仮住まいの状態。世間には嘲笑する者もいるだろう。が、カリスマな彼らにはノーダメージ。むしろそういった逆境を糧にさらなるカリスマを生成し、見事な『カリスマチャージ』を蓄積させていく。チャージの先にあるものとは……!?

凡人にはよくわからないと思いますが
これはカリスマたちの物語です。


【キャラクター】
「正邪のカリスマ」伊藤ふみや(CV: 小野友樹)
「秩序のカリスマ」草薙理解(CV: 山中真尋)
「服従のカリスマ」本橋依央利(CV: 福原かつみ)
「反発のカリスマ」猿川 慧(CV: 細田健太)
「内罰のカリスマ」湊 大瀬(CV: 日向朔公)
「自愛のカリスマ」テラ(CV: 大河元気)
「性のカリスマ」天堂天彦(CV: 橋詰知久)

(C)Dazed CO.,LTD.