ホビーショップ「あみあみ」が、2021年9月1日から9月30日までに予約が開始されたフィギュアを対象とする「2021年9月あみあみフィギュア予約ランキング」を発表した。
1位は「Fate/Grand Order アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク[オルタ] 1/7スケール 完成品フィギュア」、2位は「『幻鬼機殻』PHANTOM-001 蛍 Hotaru リバースチェンジセット 1/12スケール完成品アクションフィギュア」、3位は「Fate/Grand Order セイバー/葛飾北斎 1/7スケール完成品フィギュア」となった。

1位の「Fate/Grand Order アヴェンジャー/ジャンヌ・ダルク[オルタ] 1/7スケール 完成品フィギュア」は、『Fate/Grand Order』の「ジャンヌ・ダルク[オルタ]」を第一再臨の姿で立体化したフィギュアだ。
宝具である竜の紋章が刻まれた旗をたなびかせ、剣を握る姿が「竜の魔女」を自称する彼女らしい、凄みのある雰囲気でボリュームたっぷりに表現されている。不遜に微笑む口元や、目を細め皮肉に満ちた冷ややかな視線は禍々しくも魅力的な仕上がり。力強く踏み出した足や、腰を反らせS字を描くボディラインが抜群のプロポーションを引き立てる。

2位の「『幻鬼機殻』PHANTOM-001 蛍 Hotaru リバースチェンジセット 1/12スケール完成品アクションフィギュア」は、“意地悪な姉貴”と“恥ずかしがり屋のお姉さん”という「蛍」のリバースチェンジを表現したアクションフィギュアだ。
フル可動の眼球ギミックによって両目を自由に動かせるため、フェイスパーツと組み合わせることで豊かな表情を表現できる。本体各所、メインウェポン「DEAVILTH・サイズ」、「I.M.P.ロイド」などの蛍光素材は、ブラックライトで照射すると光るのも見どころだ。

3位の「Fate/Grand Order セイバー/葛飾北斎 1/7スケール完成品フィギュア」は、『Fate/Grand Order』より、セイバークラスのサーヴァント「葛飾北斎」のスケールフィギュア化だ。
大胆な水着姿が映える均整の取れた肢体に、著名な画工の作品を思わせる反物を身に纏い、名だたる剣豪もびっくりの「四本刀」を掲げた自信たっぷりな様子が、精巧かつ魅力的に再現されている。夏の装いに変化した、傍らの「とと様」の出来栄えにも注目したい。

以下、4位には「Figuarts mini 煉獄杏寿郎 炎の呼吸 『鬼滅の刃』」、5位には「アズールレーン バッチ 1/7スケール完成品フィギュア」がランクイン。
トップ10までに「Figuarts mini 煉獄千寿郎 『鬼滅の刃』」、「原神 刻晴 疾雷快雨Ver. 1/7スケール完成品フィギュア」、「1/12スケール 東亜重工製 合成人間♀ 2次生産分 アクションフィギュア」、「ソフィーのアトリエ〜不思議な本の錬金術士〜 ソフィー・ノイエンミュラー水着Ver. 完成品フィギュア」、「Figuarts mini 魘夢 『鬼滅の刃』」も名を連ねた。


(C)Oh-ami Inc.