秋アニメ『舞妓さんちのまかないさん』より、2021年10月9日(土)から放送の第2話「特別な日のためのごはん」のあらすじ・先行場面カットが公開された。


『舞妓さんちのまかないさん』の原作は、小山愛子の同名コミック。
舞台は、京都のど真ん中にある花街。青森から舞妓をめざして京都にやってきたキヨとすみれだったが、ひょんなことからキヨは屋形の“まかないさん”になることに。
舞妓たちの毎日の食事を作るキヨ、舞妓として「百年にひとりの逸材」と将来を期待されるすみれ、そして一緒に共同生活を送る舞妓たちの日常が、おいしいごはんを通してほっこりと描かれる。



第2話のタイトルは「特別な日のためのごはん」。
屋形のおかあさんと踊りのお師匠さんは、舞妓デビューするすみれについて話をしていた。その場に居合わせたキヨは、すみれが百年に一人の逸材かもしれない、と言われてうれしそうに目を輝かせる。
一方、すみれは食事を後回しで稽古を続けようとし、先輩舞妓から心配されていた……




『舞妓さんちのまかないさん』第2話「特別な日のためのごはん」は、10月9日よりEテレにて放送開始。

「舞妓さんちのまかないさん」
Eテレ毎週土曜午前9:20、午後5:25(再放送)

【声の出演】
キヨ:花澤香菜
すみれ:M・A・O
健太:高山みなみ
つる駒:松田颯水
おかあさん:片貝薫
おにいさん:小山力也

【原作】小山愛子
【監督】鈴木洋平
【シリーズ構成】山川進
【音楽】坂部剛
【アニメーション制作】J.C.STAFF
【制作】NHKエンタープライズ
【制作・著作】NHK

(C)小山愛子・小学館/NHK・NEP