『鬼滅の刃』を原作とする家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』が、2021年10月14日に発売される。これに先駆け、発売後無償アップデート第1弾としてバーサスモード“対戦”に「累」「猗窩座」の参戦が発表された。



『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は、「竈門炭治郎 立志編」から「無限列車編」まで、アニメ『鬼滅の刃』で描かれた炭治郎の軌跡をプレイヤー自らの手によって追体験できるソロプレイモード“ヒノカミ血風譚”。
そして公式スピンオフ『中高一貫!!キメツ学園物語』のキャラクターを含めた総勢18名でタッグバトルを楽しめるバーサスモード“対戦”を搭載している。



今回、発売後無償アップデート第1弾の内容が発表。
那田蜘蛛山で炭治郎たちを追い詰めた下弦の伍「累」、無限列車編で煉獄と激闘を繰り広げた上弦の参「猗窩座」の2体の鬼が、バーサスモード“対戦”にて使用できるプレイアブルキャラクターとして参戦決定した。
配信時期は後日発表のため、続報を待ちたい。



『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』通常版は8,360円(税込)、フィギュアマルチスタンド付き数量限定版は16,280円(税込)、デラックスエディションは9,900円(税込)で10月14日発売。
対応プラットフォームはPlayStation4、PlayStation5、Xbox One、Xbox Series X|S、Steam。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable(C)「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」製作委員会