「東京アニメアワードフェスティバル2022」(2022年3月11日〜3月14日開催)のメインビジュアルが公開。今回は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『小林さんちのメイドラゴン』などで知られる京都アニメーションが制作を担当した。

「東京アニメアワードフェスティバル」(略称:TAAF)は、2002年より「東京国際アニメフェア」の一環として行われていた「東京アニメアワード」を独立・発展させた国際アニメーション映画祭だ。
本映画祭の目的は「次世代のアニメーション制作を担う人材の発掘・育成等を行い、東京のアニメーション文化と産業の発展・振興を図ること」及び「東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資すること」。

「東京がアニメーションのハブになる」を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図ること、クリエイターや観客に刺激と感動を提供すること、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信することを目指している。

今回、京都アニメーションが制作した「TAAF2022」メインビジュアルが公開。
昔ながらのセルアニメ制作の現場を、江戸・明治・大正時代風に表現することをコンセプトに制作された。

「東京アニメアワードフェスティバル2022」は、2022年3月11日〜3月14日に池袋にて開催。

<以下、コメント全文掲載>

京都アニメーション

描かせていただいたメインビジュアルのコンセプトは、昔の日本(江戸、明治、大正)の雰囲気でアニメの制作風景を表現する、というものです。
また現在主流となったデジタルによる制作ではなく、昔ながらのセルアニメ制作を題材としています。

デジタル化が進んだ昨今、弊社でもセルによるアニメ制作を経験しているスタッフが少なくなりました。例えばセルに塗料で色を塗った後、発生した気泡を消すためにセルの裏側からヘラでトントン叩く、などというのは経験した人でないとわからないと思います。

メインビジュアル中央右上の女性がその作業をしています。誇張、ディフォルメ、簡略化して描いておりますが、実はそんな風にリアリティにこだわっております 。

今回のイラスト制作は、先人のアニメ制作を感じ取れたり、あるいは未来に想いを馳せたりできる楽しい作業でした。このメインビジュアルがTAAF2022 を少しでも彩るものとなりましたら幸いです。

(C)TAAFEC. All Rights Reserved.

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]