秋アニメ『ワールドトリガー』3rdシーズンより、11月13日(土)から放送の第6話「判断」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

『ワールドトリガー』の原作は、葦原大介が「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」にて連載しているSFアクション。
未知なる力を持つ「近界民(ネイバー)」の侵略に対抗するべく組織された界境防衛機関「ボーダー」の隊員・三雲修が、「近界(ネイバーフッド)」からやってきた謎の少年・空閑遊真と出会い、ボーダーの少年たちと共に切磋琢磨しながら奮闘する姿を描いている。

第6話のタイトルは「判断」。
B級ランク戦・ROUND7もいよいよ最終局面! 数の有利を取り徐々に周りを固めていく玉狛第2の動きに東隊は撤退を決断する。

遠征に向けてなんとか点を取りたい玉狛第2は勝利を掴む事が出来るのか!?

『ワールドトリガー』3rdシーズン第6話「判断」は、11月13日よりテレビ朝日ほかにて放送開始。

『ワールドトリガー3rd シーズン』
2021年10月9日(土)よりテレビ朝日系列「NUMAnimation」にて深夜1:30から放送

原作:葦原大介(集英社「ジャンプ SQ.」連載/ジャンプコミックス刊)
製作:東映アニメーション
(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション